女優の北村優衣(21)、俳優でタレントのデビット伊東(54)、屋良朝建監督が7日、都内で行われた映画『かくも長き道のり』(2月13日公開)の完成披露試写会に出席した。

【全身ショット】膝上スカートでスラリとした美脚を披露した北村優衣

 『レプロ次世代スターオーディション』(2013)で見いだされ、映画『シグナル100』『13月の女の子』に出演するなど、ネクストブレイクを期待されている北村が、今作で初主演を飾る。4ヶ月ぶりに故郷の田舎町に戻ってきた駆け出しの女優・椎名遼子(北村)は、連続ドラマへの出演が決まっていたが、所属事務所から“25歳年上の恋人”村木順次(伊東)と別れるよう命じられる。一方で以前は賭博師だった順次。一人ぼっちだった自分を支えてくれた彼との別れを彼女は決断できずにいた。

 無事に完成を迎え、北村は「女優をやっていく身として映画の主演を務めることは、一つの目標でした」と語り、「撮影は2年前。やっとこの映画を皆さんに届けられることがうれしい」と感慨深げな表情を浮かべた。

 オファーを受けた際は「うれしい気持ちと、今の実力で主演を務められるのか不安も同時に抱きました」というが「ただ、スタッフさんたちも初めて映画を作る方も多かった。チーム一丸となって全員で成長できて、デビットさんのおかげで初主演がステキな映画になった」と感謝の思いを口に。今後については「これからも主演をやる機会があれば、デビットさんみたいにみんなを導いていける存在になれたら」とさらなる飛躍を誓った。

 また、物語の中心となる“25歳差恋愛”に話題が及ぶと、伊東は「正直、恋愛という対象で見れなく、妹としか見れなかったです」とぶっちゃけ「合宿所で一緒にコミュニケーションをとったりして、前半は探りながらやってましたね」と振り返った。

 これに「私はちゃんと恋愛として見てましたよ」と切り返した北村は「妹と言われて悲しい」と冗談めかしながらガックリ。それでも「年の差の恋愛について特に意識したことはなく、素直に好きになれたかなと思います」と胸を張った。