TBSでは、6日に『有吉ワールドリポート』を放送(後11:56)。日本国内からのリサーチでは絶対にたどり着けない「第一次情報の宝庫」から得られた“誰も知らない世界の最前線”を楽しむべく、世界をヒッチハイクでまわった有吉弘行をMCに迎えて、世界のJNN各支局から中継を結んで記者とトークを繰り広げる。

【写真】ゲストには桐谷健太、ホラン千秋、すみれが登場 進行は上村彩子アナ

 ゲストには桐谷健太、すみれ、ホラン千秋が出演し、進行は上村彩子アナが担当。有吉は収録を終えて「テーマが重いものばかりでしたが、面白かったです。すべてのVTRが興味深く、知らないことばかりで、衝撃的でした。記者の方たちはすごいですね。取材力もそうですが、平気で危なそうな人についていく、危ない場所に行く、記者さんの“胆力”に驚きました。次があるとしたら、アフリカの話はあまり見ないので関心はあります」とのコメントを寄せている。

■『有吉ワールドリポート』で紹介される情報
「中東レバノンに広がる違法大麻畑&ドラッグ王を追跡」(中東支局/須賀川拓記者)
医療・産業用大麻が合法化にむけ動き出した一方、「違法大麻」の存在が問題になっているレバノン。誰がどういう形で行っているのか? その闇に切り込み、「ドラッグ王」と呼ばれる人物への接触を試みる。

「ニューヨークで613の戒律を守って暮らす“正統派ユダヤ”とは?」(NY支局/深井慎一郎記者)
世界の経済・流行をけん引するニューヨークで、全身黒い服をまとい、厳しい戒律を守り生活する“正統派ユダヤ”。彼らは何を大事にし、何を求めて暮らしているのか? そして、大富豪ユダヤとの関係は?

「タイに今なお潜む“人身売買”の実態とは?」(バンコク支局/大平弘毅記者)
目覚ましい発展を遂げるタイで、今も後を絶たない“人身売買”による被害。そこに潜む現実とは? 被害者の証言をつむぐとともに、警察による摘発にも同行する。