劇団「少年社中」の毛利亘宏氏による新たな演劇ユニット・演劇の毛利さん-The Entertainment Theaterの音楽劇『星の飛行士』が6日、東京・サンシャイン劇場で開幕し、キャストの鈴木勝吾、伊藤理々杏(乃木坂46)、沙央くらま、高月彩良、櫻井圭登、伊藤優衣、里中将道、明音亜弥、山川ありそ、竹内尚文、ザンヨウコ、岡田達也、池田純矢、良知真次らがコメントを寄せた。

【舞台写真】劇中で『王子様』を演じる乃木坂46・伊藤理々杏

 脚本・演出を手掛ける毛利氏は「僕の新しい挑戦です。胸が躍りワクワクするような演劇を皆様にお届けします。最高の俳優と最高のクリエーター、スタッフに恵まれ、世界に誇れる作品に仕上がったと確信しております!」と確かな自信をにじませる。

 コロナ禍での開幕となったが、サン=テグジュペリ役の鈴木は「演劇だって踏ん張らなきゃいけないのは今に始まったことじゃない。折れない。絶対に。仲間と一緒に。友と共にあるから飛べるはずだ。進めるはずだ。それは覚悟だから。難しい情勢だと思っています。それでもあえて言います。劇場でお待ちしています。ここにはどこにもない、ここだけの“光”があります」。

 王子さま役の伊藤も「この作品は今伝えたい事、届けたい事が沢山詰まったものとなっており皆様に色々な感情をお届け出来ると思います。全ての瞬間を大切にしながら王子さまとして劇場で精一杯生きていきます。ぜひステキな世界をお楽しみ頂けるとうれしいです。よろしくお願いいたします!」と呼びかけた。

 同公演は、17日まで同所、27日から31日まで大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティで上演される。