女優の浜辺美波が、ロッテ「ガーナチョコレート」の新テレビCM「LOVE ITACHOCO篇」「LOVE ITACHOCO(BOY)篇」、「LOVE ITACHOCO(GIRL)篇」に出演。同CM撮影の合間に新成人としての抱負を絵馬に書いて発表した。

【動画】浜辺美波、吉沢亮と超接近のCM本編+メイキング

 昨年8月末に20歳を迎え、新成人の仲間入りをした浜辺。撮影の合間にロッテから「ガーナミルクチョコレート」1年分を贈呈され、CMで共演する吉沢亮から「新成人、おめでとうございます」と祝福されると、浜辺は「こういった形で祝ってもらえて 、幸せ者だなと思います。もっと成長していける年にしたいなと思っています」と笑顔で礼を述べた。また、ガーナお手製の絵馬には「朗らかに」と書き込み、「心穏やかに、人に対して朗らかに、そして焦らずに進んでいける女性になりたいです」と誓った。

 CM本編の撮影では、昨年9月のCM以来、2度目の共演となった吉沢と浜辺。見どころの一つである二人が接近して一緒にガーナを食べるシーンでは、「至近距離での撮影もあまり緊張せず、協力プレイで楽しく撮影ができました」と浜辺が話す通り、息のあった演技を披露。二人の真剣な眼差しが交差し、それぞれガーナを一口…というところで、吉沢が口元にうまくチョコレートを入れることができず、つい笑ってしまいNGになってしまう一幕も、吉沢が「片手で(商品を)持つと、すごく腕がプルプルするんですよ」と悔しがり周囲のスタッフを和ませた。

 このシーン以外にも浜辺は、笑顔で楽しそうにダイブしたり、妖艶な仕草で誘うようにジッと一点を見つめるなど、表情豊かな演技でCMの世界観を表現。一方、スーツやアロハシャツ、革ジャケットなどをクールに着こなしてポージングを決めていく吉沢の姿に、監督も「本当にカッコいい。素晴らしい」と絶賛。吉沢も、「カットそれぞれで衣装やヘアスタイルを変えて演じましたが、テレビCMという短い尺の中で雰囲気を変えていくのはすごく面白かったです」と話した。

 本CMは、1月5日より発売となる「ガーナピンクチョコレート」に合わせ、「板チョコの可愛さとおいしさ」をテーマに、若い世代を中心に手に取るきっかけを作ることを目的に制作。1月12日の全国オンエアに先行して、YouTubeでメイキングとともに公開している。