週末の映画動員ランキング(興行通信社調べ)が4日に発表され、10月16日に公開されたアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、12週連続の1位となった。(※2021年1月2日~3日の動員ランキング)

【写真】炭治郎&煉獄が餅つき!公開された新年記念イラスト

 同作は、初日から73日間で観客動員2404万9907人、興行収入324億7889万5850円を記録している大ヒット映画。実写作品も含めた歴代の興行収入ランキング1位の『千と千尋の神隠し』の316.8億円(興行通信社調べ)を突破しており、歴代興収1位の作品タイトルが入れ替わるのは、『千と千尋の神隠し』が『タイタニック』の記録を抜いた2001年11月以来、19年ぶりの快挙となっている。

 週末の映画動員ランキングの公開から10週連続での首位は、同社で全国ランキング発表を開始した2004年以来初の快挙。今までの記録だった9週連続1位の3作品『ハウルの動く城』(2004年公開)、『アバター』(2009年公開)、『君の名は。』(2016年公開)を抑えトップに踊り出ており、今回、12週連続で首位を守るなど記録を更新した。

■全国映画動員ランキングトップ10(1月2日~3日)
1位:劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(公開週12)
2位:新解釈・三國志(4)
3位:映画 えんとつ町のプペル(2)
4位:劇場版ポケットモンスター ココ(2)
5位:約束のネバーランド(3)
6位:STAND BY ME ドラえもん 2(7)
7位:新感染半島 ファイナル・ステージ(1)
8位:ワンダーウーマン 1984(3)
9位:天外者(4)
10位:劇場短編 仮面ライダーセイバー/劇場版 仮面ライダーゼロワン(3)