落語家の立川志の輔(66)が、肺炎のため入院し、あす5日から予定していた『PARCO劇場オープニング・シリーズ 志の輔らくご 伊能図完成200年記念「大河への道」』の全公演が中止となったことが4日、志の輔の公式サイトで発表された。

【写真】2018年には映画の主演を務めた立川志の輔

 志の輔は昨年12月17日の大阪公演でスタッフにコロナ感染の陽性反応が出たため、濃厚接触者となり年内は自宅待機していた。サイトでは「その期間が終了する12月31日、体調不良を訴え病院で診察を受けたところ肺炎と診断され、入院での精密検査の受診、療養となりました」と報告。1月1日から入院となった。

 「医師からは入院は1週間から10日とお話しを頂いておりますが、公演での体力を戻すまでに時間が必要と判断いたしました」とし、あす5日から今月31日まで予定していたすべての公演の中止を決定した。

 志の輔も「皆様には大変ご心配をお掛けし申し訳ありません」と謝罪。「今は、お客様に志の輔らくごを心から楽しんで笑っていただける高座を務められるよう、身体をしっかりと休め、治療、回復に専念いたします」と伝えた。

 チケットの払い戻しについては、改めて告知される。