フジテレビの朝の情報番組『めざましテレビ』第2部(月~金 前6:10~8:00)が、番組平均個人全体視聴率4.7%、世帯視聴率8.9%と、2018年から3年連続で民放同時間帯視聴率1位を獲得したことが4日、わかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区 2020年年間平均視聴率は2019年12月30日~2021年1月3日までの期間)。

【写真】元気が出るダンスを披露する永島アナ

 個人全体視聴率が最も高かったのは、昨年2月20日放送の5.7%で、新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客が下船する模様を伝えたほか、人気コーナー「イノ調」で、銭湯を改装した居酒屋などの「元○○ 再利用ビジネス」を特集。また、世帯視聴率が最も高かったのは、関東地方での降雪を総力取材した昨年1月28日放送の10.7%だった。

 三宅正治アナウンサーは「たくさんの皆さんに見ていただき、本当に感謝しかありません。ありがとうございます。昨年はコロナ禍という状況の中、どんな情報をどんなテイストで伝えていけばいいのか、スタッフとともに試行錯誤する日々でしたが、“視聴者の皆さまに寄り添い、少しでも分かりやすく新しい情報を”という“めざましの信念”を貫いてきました。それを多くの方に認めていただけたことが本当にうれしいです! これからも、厳しい目と温かい心を持ち、皆さまに寄り添える番組をお届けできるように頑張ります。本年もよろしくお願いいたします!」と感謝。

 永島優美アナウンサーも「2020年もたくさんの方に番組を見ていただき、ありがとうございます。不安な日々が続いていますが、少しでも皆様が充実した時間を過ごせますよう、取り組んでまいります。本年もどうぞよろしくお願いいたします」と呼びかけた。