日本テレビは4日、2020年の年間個人視聴率(2019年12月30日~2021年1月3日)で、10年連続で全日(前6:00~翌前0:00)・プライム(後7:00~11:00)・ゴールデン(後7:00~10:00)の全3部門No.1を獲得したと発表した。

【写真】「ロン毛!?」「細すぎ!!」森アナ&水卜アナの学生時代の姿

 全日が4.6%(2019年4.4%)、プライムが6.8%(2019年6.9%)、ゴールデン7.1%(2019年7.2%)。

 小杉善信・代表取締役社長執行役員は昨年を「新型コロナウイルス感染拡大の影響で、『テレビは今何ができるのか?』を考え続けた1年でした。『迅速・正確で信頼できる報道・情報番組』の放送と同時に、出来る限りの感染対策を講じながら『生活者に希望と活力を届ける健全な娯楽番組』を届ける事を指針に、新しい日常での1回目と位置付けた『24時間テレビ43』の放送など前例のない挑戦に取り組んだ1年でした」と総括。

 今年に向けて「地上波、BS/CS放送や、Hulu、TVerをはじめとしたインターネット配信など、あらゆるプラットフォームで、より多くの方々に良質なコンテンツをお届けしていくべく、努力と挑戦を重ねてまいります」と宣言した。

 編成局は「2020年はコロナ禍の中、東京五輪の延期など経験したことのない状況の中、『news every.』などでの報道番組で必要な情報をより正確に伝え、無観客開催での『THE MUSIC DAY』や地上波ライブ配信など新しい挑戦を続け、また4月の全国視聴率スタートで、『より多くの方々により良い質の番組をお届けする事』にこだわった1年でもありました」と振り返り、「今後も今まで以上に『生活者ファースト』の視点で、生活者の皆様の期待に応えるべく新たな挑戦を続けていきます」と決意を新たにした。