NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。3日放送の第39回「本願寺を叩(たた)け」で、主人公・明智光秀(長谷川博己)は、最愛の妻・熙子(ひろこ/木村文乃)と永遠の別れをすることに。愛妻家と伝わる光秀らしい、2人のラストシーンが描かれた。

【写真】光秀と煕子の2ショット

 熙子の最期について木村は「熙子は志半ばだったと思います。麒麟を連れてくる十兵衛様の姿をその目で見たかったはずだし、成長していく子どもたちをもっと見守りたかったと思います。平和を願っていた人なので、みんなが笑っている世の中を見ることなく去ることに心残りがあったはずです。ただ、戦国の世にありながら短い時間でしたが十兵衛様と穏やかな夫婦の時間を過ごせたことには感謝していたと思います」(番組公式ホームページ&ツイッターより)とコメント。

 さらに、「私にとっては、夫婦や家族というものに向き合ってきた一年でした。熙子は、悲しい言葉もつらい現実も全部受け止めて、自分の中で温めながら解決法を見つけていくような女性です。そんな熙子を演じながら、多くのことを学んだような気がします」(同上)と、『麒麟がくる』を締めくくっていた。