女優・新垣結衣、俳優・星野源が出演したTBS系新春スペシャルドラマ『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!』が2日に放送され、平均視聴率が15.5%(世帯)、9.6%(個人)だったことがわかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。2016年放送の連ドラ最終回が記録した、当時のTBS火曜ドラマ枠の歴代最高視聴率となる20.8%には届かなかったものの、SPでも高視聴率を記録を残した。

【写真】新垣結衣&星野源、手つなぎショット

 今作は新垣演じる森山みくりと、星野演じる津崎平匡が“契約結婚”を通して距離を縮めていく社会派ラブコメディーの続編。舞台となるのは、2019年初夏から2020年の初夏。海野つなみ氏による原作10巻と11巻をもとに、契約結婚から生まれた恋を経て、みくりの妊娠をきっかけに2人がついに本当の“結婚”を決めた連ドラのその後の物語となる。

 新垣、星野に加え、石田ゆり子、大谷亮平、成田凌、真野恵里菜、藤井隆、古田新太らおなじみのキャストが集結。青木崇高、西田尚美らが演じる新キャラクターも登場した。劇中では「夫婦別姓」「育休産休問題」「無痛分娩」「セクシャルマイノリティ」など社会問題が多数盛り込まれ、終盤は現実とリンクする新型コロナウイルス禍で、みくりと平匡が育児に四苦八苦するさまも描かれた。

 また、連ドラからおなじみのパロディー演出として、菅義偉首相(当時は官房長官)をまねて、新元号「令和」を発表した会見や同局の『王様のブランチ』、『がっちりマンデー!!』が登場、さらにNHK・Eテレ『ねほりんぱほりん』とのコラボが実現した。

 そしてエンディングでは星野が歌う主題歌「恋」に合わせて新垣らキャストによる“恋ダンス”の新バージョンがお披露目されるなど、さまざまな試みがSNSでも大きな話題を呼び、『#逃げ恥』がトレンド1位を獲得。他にも『ガッキー』『みくりちゃん』『ゆりちゃん』など、登場人物の名前や関連ワードも次々にトレンドランキング入りした。