NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。クライマックスの本能寺の変に向けて、羽柴秀吉役の佐々木蔵之介が番組に寄せたコメントを紹介する。

【写真】最近の光秀(長谷川博己)ほか

 本作の最終回は2月7日放送予定の第44回。徐々に亀裂を深める明智光秀(長谷川博己)と織田信長(染谷将太)に秀吉はどのように関わっていくのか…。

【羽柴秀吉役・佐々木蔵之介のコメント】

 明智光秀役の長谷川博己さんをはじめ、多くの共演者と、藤吉郎から始まり、木下藤吉郎、羽柴秀吉と、ゆっくりと役を積み上げながら演じさせていただいたことはとても幸せでした。

 『麒麟がくる』では、本能寺の変に至るまで丁寧に描かれています。自分の出演していないシーンを鏡前や楽屋のモニターで時々見ていましたが、「そりゃ光秀もそうなるよな」「そしたら上様もああなるわな」といろいろ慮(おもんぱか)ること多かったです。僕の方はいつでも、備中高松から駆け足で帰る準備は出来ていますが(笑)。

 秀吉は“光秀の最大のライバル”とうたわれてきましたが、個人的にはライバル視の様なものはありませんでした。価値観や手段が違っただけで、あくまで同じ“織田家臣”だと。だから、本当は僕は好きなんですけど…こればっかりは。史実や台本がそうさせてはくれなかったです(笑)。

 そんな大好きな光秀を演じられた長谷川さんの存在は、スタッフ、キャスト、全員の励みでした。どんなにピンチのときも、真ん中で真っ直ぐ立ってくれていました。困難な状況の中で撮影できたこと、そして間もなく完走できることに、今は感謝しかないです。楽しみにしてくださる視聴者の皆さまの応援が大きな力でした。間もなく終わってしまうのが寂しくもありますが、見たことのない戦国時代のドラマになっていると思います。最終回まで是非ご期待ください。