声優の花澤香菜が、2日深夜に放送されたバラエティー番組『太田伯山ウイカのはなつまみ』(テレビ朝日)にゲストMCとして出演。人気アニメ『鬼滅の刃』で柱の1人であるキャラクター・甘露寺蜜璃(かんろじ・みつり)役を務めているが、昨今の「鬼滅ブーム」に悩んでいることを話した。

【動画】晴れ着姿で新年のあいさつ!人気声優の花澤香菜

 その悩みとは「最近、いろんなところで『鬼滅の刃 出演声優』と紹介されることが増えていて、とてもありがたいのですが、私はまだ、そこまで出番がないので…」と告白。

 『鬼滅の刃』作品自体は人気だが、自身が演じたキャラクターの恋柱・甘露寺蜜璃は、アニメ本編で、まだ露出が少ないことから、「(キャラは)今後出てくるのですが『あいつ、なに、胸を張ってテレビに出ているんだ』と思われそうで…」「せりふ数的には数える程しか喋っていないので…」と複雑な心境だと打ち明けた。

 そんな悩む花澤に、『鬼滅の刃』ファンだという太田光は「あれが(せりふが)すごいインパクト」などと好きな出番ながら印象的なキャラだったと話すと、「本当ですか!? ありがとうございます」と話した。

 花澤はアニメ『化物語』など「<物語>シリーズ」の千石撫子役、『3月のライオン』川本ひなた役、『五等分の花嫁』の中野一花など多くの有名作品に出演している。