カンテレ・フジテレビ系全国ネットのバラエティー特番『ナイナイDAYS 30年の節目に密着してたら岡村さん結婚しちゃったSP』が、きょう3日に放送(後2:30)。コンビ結成30周年&岡村隆史の結婚と大きな節目を迎えたナイナイが、2人旅で本音を語るほか、ナイナイと同じ“30歳”を迎えた浅田真央とゆりやんレトリィバァの新たな挑戦に「ナイナイDAYS=99日」密着。浅田とゆりやんのVTRのナレーションは、こちらも30歳のファーストサマーウイカ、そしてナイナイ2人旅のナレーションは、2人と縁が深い人物が担当する。

【動画】ナイナイが2人きりでキャンプ旅 お互いに本音で語り合う

 今回、「30周年の節目に番組でやりたいこと」として、岡村が希望したのは「矢部と2人きりでのキャンプ」。長年、コンビとしてお笑いの最前線を走り続ける一方で、プライベートでの交流はまったくなかったというナイナイだが、「令和の罰ゲームですよ」と苦笑いする矢部を連れて、合計年齢99歳の2人による初めてのキャンプ旅が実現。その行き先は、岡村夫婦の思い出の場所だった。

 都内で待ち合わせた2人は、さっそく車で出発。道中、かつて拠点としていた銀座7丁目劇場があったビルを訪れ、当時のスケジュール表を見ながら、多忙を極めた上京当時を振り返る。さらに、移動中の車内では、ナイナイの同期・キャイ~ンからラジオ風のお祝い&暴露メッセージが届いたり、岡村の“交際0日婚”秘話や矢部家のルールについて盛り上がったりと、これまで語られなかった私生活が赤裸々になる。

 キャンプ場に到着した2人は、さっそくバーベキューを開始。軽くお酒も入り、話題は「コンビの未来」について。岡村が語る、志村けんさんへの思い、そして解散の不安を抱えていたという岡村と矢部の本音。お互いが相方に望む「芸人としての姿」とは。そして翌朝、絶景の富士山を前に、日の出を待つ2人だが、矢部がポツリと岡村に「奥さんの写真見せてくれへん?」と呼びかける。

 収録後にナイナイ2人がコメントを寄せた。

――30周年の節目で2人旅をした感想をお聞かせください。
【矢部浩之】新鮮でしたけど、カメラがずっと回っているので地獄でもありました(笑)。でも、お酒飲んだから言えたこともありますし、ほんまに貴重な時間でした。普段今までにない2人の姿だと思います。
【岡村隆史】こんな記事になるかどうかわからないですけど、相方ワイン飲むねんやと(笑)。
【矢部】記事にならへんわ(笑)。
【岡村】30代くらいからお互いお酒を飲み始めて、一緒にご飯行ったり、食事に行ったりってのがなかったので、ワイン飲んでいるのとか見たことない。
【矢部】(飲んでるお酒のイメージが)カシスソーダとかレッドアイで止まっているな。
【岡村】ワインとか飲むんねやって思ったし、こんだけお酒飲むようになってんねやっていうのにもちょっとびっくりしました。
【矢部】(笑)。

――プライベートの話をするのは感慨深いものがありましたか?
【岡村】そうですね。お互い結婚したらこんな話にもなるのか…って。
【矢部】普段しゃべらないですもんね。
【岡村】30周年で僕は50歳。ようやく結婚させてもらって、それがなかったら相方が言っていることを上の空で聞いていたと思います。
【矢部】ああいう会話になっていなかったでしょうね。
【岡村】そうなんやって思うことが結構あったというか、ほんまに“ありがとう”と“ごめんなさい”は常に持っとかなあかんというね(笑)。いろんな人から言われてはいたんですけど、相方からまた念を押されましたので、僕は“ありがとう”と“ごめんなさい”はすっごい早いと思いますよ。

――ロケの最後には矢部さんは初めて岡村さんの奥さんの写真を見ましたね。
【矢部】オフで「ちょっと岡村さん写真見せてよ」って言えないので、番組でああいうきっかけだったら見れるかなと思って最後に聞いたら見せてくれました(笑)。でも僕からすると、あれが本当に結婚した証拠になるかというと、そうはならない(笑)。誰か別の女性の写真見せてこれが奥さんやって言ってるかもしれないので。
【岡村】一応アレを(スマホを指で)2回ピュッピュッてやると、婚姻届けを2人で持っている証拠写真があるんですけども…(笑)。顔だけビューンて大きくしていましたね。
矢部:そこはちゃんと確認しました。

――視聴者にメッセージをお願いします。
【矢部】こっちは恥ずかしいだけなんですけど、そういう時って楽しんでいただける姿になっていると思いますので、ぜひ楽しみにご覧になってください。
【岡村】ナインティナインというより岡村隆史と矢部浩之に近かったかなという感じですよね。ラジオも近いですけど、それ以上に素に近かったんじゃないかなと。番組では30歳でいろんなことにチャレンジする姿を見て、30周年で我々もチャレンジしていかなあかんなって思いました。皆さんもこれを見て、あれやってみようこれやってみようと少しでも思っていただけたらありがたいなと思っています。