大みそか恒例の日本テレビ系『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!』が、31日に放送(後6:00)。ダウンタウン、月亭方正、ココリコへの“笑いの刺客”として松平健が登場した(※以下ネタバレあり)。

【写真】松平健が圧巻のパフォーマンス

 松平は“SP本部長”として、5人のボディーチェックを担当。代表作の『暴れん坊将軍』さながらの衣装で、圧倒的な存在感を放ち、時には大声で張り上げ、時には鋭い眼光を駆使しながら、おなじみの「マツケンサンバII」の笑ってはいけないバージョンも披露して、5人を笑わせていった。番組のツイッターで、松平は「楽しかったですね。あんなに笑ってくれるとは思わなかったんで。今までにない私の姿をお見せできたと思います」と充実感をにじませている。

 今回は、ラスベガスで一攫千金を夢見る「大貧民」に扮した5人が、大物タレントが扮するホテルオーナーとの対面やラスベガスならではのショーやイベントを体験。何が起こっても絶対に笑ってはいけないという過酷な状況に置かれた5人が、数々の笑いのトラップに対して笑ってしまうと、お仕置きが執行される。ラスベガスという設定で起こり得る、数々のイベントやショーはもちろん、移動中のバスの中で仕掛けられたネタなど、5人の前に“絶対に笑ってはいけない”数々のトラップが待ち受けている。

 “笑ってはいけない”に加え、さまざまなブロックを設け、さらに今回はラスベガスらしく5人それぞれが手持ちのお金を賭けて、財産を増やしていくような仕掛けも用意。おなじみの常連から豪華メンバーまで、多彩なゲストが登場する予定となっている。