■『第71回NHK紅白歌合戦』(31日、東京・渋谷 NHKホールほか)
 今年放送の連続テレビ小説『エール』出演者によるスペシャルパフォーマンスと、GReeeeNがドラマの主題歌「星影のエール」で、日本中にエールを送った。

【紅白リハ写真】日向坂46、NiziU、GENEらが登場 パフォーマンスも

 主人公・古山裕一役の窪田正孝、裕一生涯の友となった村野鉄男役の中村蒼、佐藤久志役の山崎育三郎という“福島三羽ガラス”が「福島行進曲」、藤堂清晴役の森山直太朗&藤堂昌子役の堀内敬子が「長崎の鐘」を披露。

 窪田が「僕たちは全国の皆さんに元気を届けようとドラマを作り続けてまいりました。終わってから気づいたことは、僕たちが皆さんから元気をもらっていたということです。この先もお互いにエールを交換し合いながら、生きてまいりましょう」とあいさつし、窪田、山崎、中村、森山の4人が「栄冠は君に輝く」を歌い上げた。

 続けて、GReeeeNが“シルエット”でNHKホールのステージに登場。ドラマ『エール』の映像とともに「星影のエール」、そしてこの10年の福島や東北の写真とともに大ヒット曲「キセキ」をパフォーマンス。司会とともに見守った窪田は、目に涙を浮かべていた。