■『第71回NHK紅白歌合戦』(31日、東京・渋谷 NHKホールほか)
 初出場となる小説を音楽にするユニットYOASOBIは、デビュー曲「夜に駆ける」を歌唱し、テレビで初パフォーマンスした。

【動画】小さなくす玉&盛大なお祝いで紅白出場を報告したYOASOBI

 YOASOBIはコンポーザーAyaseとボーカリストikuraによる2人組で、ソニー・ミュージックエンタテインメントが運営する小説・イラスト投稿サイト『monogatary.com』から誕生したクリエイターユニット。披露した「夜に駆ける」は、星野舞夜氏の小説『タナトスの誘惑』を原作としている。今年最もヒットした曲と言われ、9月にはストリーミングの再生回数が2億回を突破し、さまざまなヒットチャートで年間首位を獲得した。

 “小説を音楽にする”というユニットらしく、大量の本、本棚に囲まれながら熱唱したYOASOBI。歌い終えるとikuraは「とても楽しく歌わせていただきました!」と喜んだ。

 『第71回NHK紅白歌合戦』は史上初の無観客で開催。司会は紅組・二階堂ふみ、白組・大泉洋、総合司会は内村光良(ウッチャンナンチャン)と同局の桑子真帆アナウンサー。これまでの紅白対戦成績は、昨年の白組勝利で、紅31勝、白39勝。