■『第71回NHK紅白歌合戦』(31日、東京・渋谷 NHKホールほか)
 歌手・俳優の星野源が、今年社会現象となった「うちで踊ろう」に2番の歌詞を付けた特別バージョン「うちで踊ろう(大晦日)」を初披露した。

【写真】星野源&新垣結衣、ラブラブ手つなぎショット

 今回の楽曲は、すでに発表されている同曲に2番の歌詞/構成が加わった特別版で、CDや配信など音源化はされていない。おなじみのメロディーに続いて、Cメロも展開し、楽曲として新たな価値を見せた。

 白組司会の大泉洋から曲への思いを改めて聞かれた星野は「本当に今年は大変な年でしたし、まだまだ終わりの見えない大変な状況ですけど、今この時間を生きている皆さん、生活している皆さんに向けて、一緒に心の内側で踊りたい、そういう気持ちを込めて新しい歌詞を書きました。ぜひよろしくお願いします」と語った。

 曲を聴き終えた大泉は「最高の歌詞でした!」と大絶賛。ネットでは星野の歌唱中から「めっちゃいい!」「歌詞ステキ!」「Cメロもあることで楽曲としての広がりが半端ないな」「最初からこんなスケールで作ってたのか!」など大きな反響が寄せられている。