大みそか恒例の日本テレビ系『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!』が、31日に放送(後6:00)。先月中旬に一部スポーツ紙に同番組への出演をもって、仕事復帰を果たすと伝えられていた、お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建は最後まで出演しなかった。

【動画】アンジャッシュ児嶋、今年の漢字一字は”半” 「アンジャッシュが半分に…」

 不倫騒動で昨年6月10日から無期限活動自粛をしていた渡部は、同12月3日に会見を実施。「会見前にすでに『ガキ使』の収録に参加していたのでは?」と質問されると、「私の口からは申し上げられません」と回答せず。会見において重要なポイントとあって、渡部が回答を拒否してもレポーターは聞き方を変えながら何度も質問を続けていたが、そのたびに渡部は「すみません、私の判断ではお答えできません」と明言を避け続けた。

 今回は、ラスベガスで一攫千金を夢見る「大貧民」に扮した5人(ダウンタウン、月亭方正、ココリコ)が、大物タレントが扮するホテルオーナーとの対面やラスベガスならではのショーやイベントを体験。何が起こっても絶対に笑ってはいけないという過酷な状況に置かれた5人が、数々の笑いのトラップに対して笑ってしまうと、お仕置きが執行される。ラスベガスという設定で起こり得る、数々のイベントやショーはもちろん、移動中のバスの中で仕掛けられたネタなど、5人の前に“絶対に笑ってはいけない”数々のトラップが待ち受けている。

 “笑ってはいけない”に加え、さまざまなブロックを設け、さらに今回はラスベガスらしく5人それぞれが手持ちのお金を賭けて、財産を増やしていくような仕掛けも用意。おなじみの常連から豪華メンバーまで、多彩なゲストが登場する予定となっている。