■『第71回NHK紅白歌合戦』(31日、東京・渋谷 NHKホールほか)
 2年連続2回目の出場となる日向坂46と、改名して初出場となる櫻坂46が連続で登場。坂道2グループの見事なリレーが実現した。

【リハ写真】さわやかな衣装でパフォーマンスする日向坂46 美脚もちらり

 日向坂46が「アザトカワイイ」でフレッシュなパフォーマンスを披露し終えると、ステージ前方にカメラが移動し、そのまま櫻坂46の「Nobody's fault(ノーバディーズ フォルト)」がスタート。白と赤の2トーン衣装で力強いダンスと歌声で魅了した。

 なお、総合司会の内村光良が2017年に欅坂46(当時)の「不協和音」に参加、去年も“3坂道”合同パフォーマンスに参加したことから、紅組司会の二階堂ふみから「今年は参加しないんですか?」と聞かれ、「今年は十分です」と答えると、白組司会の大泉洋が「今年は手を抜いてるんじゃないですよね?」とポツリ。内村は「抜いてね―よ。なんてこと言うんだ!」とツッコミを入れた。