年末恒例の『第62回日本レコード大賞』(TBS系 後5:30~10:00)の授賞式が30日、東京・新国立劇場で行われ、今年大ヒットしたアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌でLiSAが歌う「炎」が、レコード大賞を受賞。これを受けて、同曲の作詞・作曲を担当した梶浦由記氏が自身のツイッターで、LiSAに祝福と感謝のコメントを寄せた。

【写真】『レコード大賞』受賞!「炎」を熱唱するLiSA

 梶浦氏は「うわ――――LiSAさんおめでとうございます!!!!」と大賞を祝福。また、LiSAがステージで「私が今回こうして立たせていただいていますが、作詞作曲の梶浦由記さんはもとより、(『鬼滅の刃』原作者の)吾峠(呼世晴)さん、アニプレックスの皆さん、ソニーミュージックの皆さん、ファンの皆さん、本当にたくさんの方に支えていただいたと思っています」と涙ながらに感謝の思いを伝えたことから、梶浦氏も「LiSAさんわざわざ私の名前まで出して下さって、本当にいつもたくさんお気遣いいただいて……ご丁寧に恐縮です……心して!聞きます」とLiSAの優しさに感謝した。

 LiSAは2011年4月にソロデビューし、これまでTVアニメ『Fate/Zero』、『ソードアート・オンライン』、『魔法科高校の劣等生』など数々の人気作品の主題歌を担当してきた。昨年から今年にかけ、社会現象化したTVアニメ『鬼滅の刃』のオープニングテーマ「紅蓮華」が大ヒット。昨年末の『NHK紅白歌合戦』に初出場を果たすと、同曲は今年8月にストリーミング1億回再生を突破(8/17付オリコン週間ストリーミングランキングでの累計再生数に基づく)するなど数々の記録を打ち立てた。

 ソロデビュー10年目に栄冠をもたらした「炎」は、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌として今年10月に発売。映画は興行収入324億円を突破し、19年ぶりに興収記録の歴代1位を塗り替える大ヒットを記録した。映画を感動的に彩った同曲もオリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングで11週連続1位を獲得し、同ランキングの連続1位獲得週数で歴代1位を記録するなど、今年を代表するヒット曲となった。

 授賞式の模様はTBS系で生放送され、総合司会は9年連続9度目となる安住アナと、音楽特番初司会となる女優・吉岡里帆が務めた。

■過去10年間『レコード大賞』受賞者
第61回(2019年):「パプリカ」(Foorin)
第60回(2018年):「シンクロニシティ」(乃木坂46)
第59回(2017年):「インフルエンサー」(乃木坂46)
第58回(2016年):「あなたの好きなところ」(西野カナ)
第57回(2015年):「Unfair World」(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)
第56回(2014年):「R.Y.U.S.E.I.」(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)
第55回(2013年):「EXILE PRIDE~こんな世界を愛するため~」(EXILE)
第54回(2012年):「真夏のSounds good !」(AKB48)
第53回(2011年):「フライングゲット」(AKB48)
第52回(2010年):「I Wish For You」(EXILE)

■『第62回輝く!日本レコード大賞』
【優秀作品賞】
「I'm Here」三浦大知
「愛をください~Don't you cry~」純烈
「足跡」Little Glee Monster
「香水」瑛人
「世界中の隣人よ」乃木坂46
「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」DISH//
「離れていても」AKB48
「母」氷川きよし
「Fantasista~ファンタジスタ~」DA PUMP
「炎」LiSA
※曲名50音順