人気グループ・嵐が30日、年末恒例の『第62回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系 後5:30~10:00)に出演。今年新設された「特別栄誉賞」を受賞し、5人で喜びのコメントと感謝の気持ちを寄せた。

【写真】大野智作品展より…初お披露目となる巨大細密画

 大野智は「信じられないというだけです。(レコード大賞は)子どものころから知っているし、特別栄誉賞なんてちょっと理解ができないですね(笑)」と恐縮しながらも、喜びを表現。

 あすで活動休止を迎えることになるが、櫻井は「『ありがとう』という思いを伝えてきたんですが、『ありがとう』と言っていただく機会が多くて胸がいっぱいです。あしたは感謝の思いを爆発させたいです」とコメント。

 嵐にとってのターニングポイントを聞かれた相葉は「僕は出てないですけど『花より男子』でしょうね」とニッコリ。そして「12月31日は現実味がなかったんですが、とうとう来るのかと。言葉で表すのは難しいですが、コンサートに向かって気持ちを高めています!」とあしたに全力をぶつけることを誓った。

 最後に、一人ひとりがファンに向けてメッセージ。相葉は「特別栄誉賞はがんばってきたご褒美だと思っています。最高のパフォーマンスを見てください!」。松本潤は「21年間、たくさんの方にささえていただき、ありがとうございました。形は変わりますが、これからも前を向いて。嵐をよろしくお願いします!」。

 大野は「みなさんの応援がなかったらここに立てていませんでした。僕ららしいパフォーマンスをやりたいです」、櫻井は「支えていただいたみなさま、ありがとうございました。来年以降も嵐の音楽が響き続き、嵐の音楽を愛していただけたら」、二宮和也は「最後に歌う機会をいただけて良かったと感謝しています。きっちりを歌って締めたいと思います。力いっぱい5人で歌います!」とそれぞれが意気込み、パフォーマンスを届けた。

 決意を述べた後に披露した“嵐 レコ大スペシャルメドレー”では、「果てない空」「Love so sweet」「A・RA・SHI」の3曲を歌い上げ、嵐のレコ大ステージを締めくくった。