マーベル・スタジオ初のオリジナルドラマシリーズ『ワンダヴィジョン』(15日よりディズニープラスで配信)の最新映像が1日、解禁になった。

【動画】『ワンダヴィジョン』最新映像が解禁

 本作は、昨年公開された『アベンジャーズ/エンドゲーム』後を描いた物語が展開される。メインキャラとなるのは、郊外の街に引っ越し、長い恋愛の末、結婚したスカーレット・ウィッチことワンダ・マキシモフとヴィジョン。幸せな日々を送っていたが、シダに裏に隠された“謎”がむき出しになっていく。そして、2人は自分たちの目に見えているすべてが真実ではないと疑い始めていく。

 解禁映像でも、双子の子どもを授かるなど理想の結婚生活を送っていた2人。しかし、2人の前に現れた隣人による不可解な行動、『キャプテン・マーベル』に登場したマーベルの親友の娘・モニカ・ランボーとワンダの噛み合わない会話から、「何かがおかしい」と気づき始める。そして、平穏は崩れ落ち、壮大な戦いを予感させるシーンに展開されていく。

 ヴィジョンを演じるポール・ベタニーは「興奮したよ。本作のアイディアはとてもぶっ飛んだもので、実に見事だった」と出演オファーを受けた当時を振り返る。ワンダ・マキシモフ役のエリザベル・オルセンは「オファーがあったときは、興奮したわ。マーベルのほかの作品と違うものに感じられて、違う響きがあったの。本作に出演するのは、役者にとってとても楽しいチャレンジに思えたわ」と喜びを語っている。