きょう31日に放送されるフジテレビ系『日本中に元気を!!ジャニーズカウントダウン2020-2021~東京の街から歌でつながる生放送~』(後11:45)では来年“年男”となる“丑年”生まれメンバーによる特別パフォーマンスが予定されている。“年男”には人気グループ・関ジャニ∞の大倉忠義(35)、Kis-My-Ft2の北山宏光(35)などの“85年組”と、King & Prince・平野紫耀(23)、神宮寺勇太(23)らによる“97年組”など華やかなメンバーが並び、当日のパフォーマンスに期待が高まる。そこで注目の“年男”ジャニーズたちの今年の活躍を振り返り、来年の飛躍への願いも込めてここで紹介していく。

【画像】おなじみ”ジェシーの笑い声”も!SixTONESとKis-My-Ft2のボイス付きスタンプ

 まず、“85年組”から大倉。今年は映画『窮鼠はチーズの夢を見る』(9月公開)で男性同士の恋愛を描いた作品に体当たりで挑み、行定勲監督に「予想以上に素晴らしかった」と言わしめた。そして1月7日スタートの主演ドラマ『知ってるワイフ』(毎週木曜 後10:00/フジテレビ)では過去にタイムスリップする二児のパパを演じ、幅広い役柄にチャレンジしている。グループとしても主題歌「キミトミタイセカイ」を担当し、アーティストと役者の両側面で作品を彩る。

 Kis-My-Ft2の北山は毎夏恒例『24時間テレビ43』メインパーソナリティーに抜てきされたことが記憶に新しい。かわいがられる弟キャラでもありながら安定感も抜群で24時間を完走。1月25日スタートの深夜ドラマ『でっけぇ風呂場で待ってます』(毎週月曜 深夜0:59/日テレ)ではSexy Zoneの佐藤勝利とW主演。人気コント師が描くワンシチュエーションコメディーに挑戦する。ちなみに大倉と北山はツンデレな距離感の“戦友”として、2015→2016年のカウントダウンで行われた夢の2ショット企画でファン投票2位を獲得した人気コンビ。今年の番組内での絡みを切望する声もSNS上で多く見られた。

 そしてA.B.C-Zの五関晃一(35)は1月期の藤ヶ谷太輔主演ドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』(日テレ)で人間ドラマに深みをプラス。人気舞台シリーズを映画化した10月公開の『オレたち応援屋!!』ではメンバーとともに初主演を飾った。Snow Man主演による映画『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』では振り付けを担当するなど振付師としての才能にも発揮している。

■次世代スター候補が勢揃いする“97年組” ジャニーズJr.メンバーにも注目

 “97年組”からはまず、Sexy Zoneの松島聡(23)。松島といえば2018年11月からの療養期間を経て、今年8月についに復帰を果たした。ぐんと大人っぽく成長した姿をみせ、9月に放送された音楽特番『THE MUSIC DAY』(日テレ)で復帰後初のテレビ出演、初の配信ライブ『Sexy Zone POP × STEP!? TOUR 2020』にも登場してファンを喜ばせた。現在はメンバーのマリウス葉が活動休止中だが、5人で再び“RUN”する日を楽しみに待ちたい。

 King & Princeからは“じぐひら”コンビこと平野、神宮寺。平野はSexy Zoneの中島健人とW主演した連ドラ『未満警察 ミッドナイトランナー』(日テレ)で警察官の卵を好演。雑誌のソロ表紙や重版・完売なども多数で圧倒的な顔面力と予測不可能な天然っぷりのギャップで人気を不動のものにした。神宮寺は単独MC番組バラエティー番組『名所から一番近い家』(テレビ朝日)が第3弾まで放送。現在は東京・帝国劇場で上演中の12・1月公演舞台『DREAM BOYS』で岸優太とともに、肉体美と華麗なパフォーマンスを魅せている。

 今年、1月に華々しいデビューを飾ったSixTONESとSnow Man。SixTONESの森本慎太郎(23)は、11月から2クールにわたって放送中の月9ドラマ『監察医 朝顔2』(フジテレビ)にシーズン1より森本琢磨役で続投、スピンオフドラマも制作された。延期中だった出演映画『燃えよ剣』も来年10月の公開が決定するなど役者業も順調。人気番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(日テレ)のDASH島企画でも存在感を魅せており、最年少でありながらも長いジャニーズJr.歴で培った“バラエティー力”とアーティストとしての“パフォーマンス力”、ともにまだまだ、伸びしろを感じさせる。

 Snow Manの目黒蓮(23)はその圧倒的なスタイルの良さと甘い顔立ちがフォトジェニック。デビュー早々にレギュラーモデルを務める男性ファッション誌『FINEBOYS』のソロ表紙、そして重版を達成。表紙解禁時の“サーバー落ち速度”も話題となるほど。そしてデビュー以降初となるドラマ出演となる1月3、4日放送の新春SPドラマ『教場II』(後9:00/フジテレビ)ではトレードマークのテクノカットをバッサリ、ヘアチェンジ。警察学校の生徒役として教官役の大先輩・木村拓哉と対峙し、これまで全く違った表情を魅せてくれそうだ。

 ちなみに、次世代スターが集う“97年組”にはジャニーズJr.の人気メンバーも。卓越したダンススキルと唯一無二のパフォーマンス力を武器とするTravis Japanの同級生トリオ“トリプルカイト”こと、宮近海斗(23)、中村海人(23)、松倉海斗(23)。関西の王道キラキラアイドル・なにわ男子の西畑大吾(23)、大橋和也(23)、激しいバンドパフォーマンスが持ち味の7 MEN 侍の中村嶺亜(23)など今後の飛躍が楽しみな面々がそろう。デビュー前にもかかわらずドラマやバラエティー番組などにも多数出演している彼らの成長も見逃せない。