人気アニメ『美少女戦士セーラームーン』の25年ぶりとなる新作アニメ映画「劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』」(前編:8日 後編:2月11日)が公開されるのを記念して、きょう1月1日の朝日新聞に広告が掲出された。

【画像】セーラー戦士6人の貴重な制服姿…場面カット一挙公開

 前編・後編で公開される劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』は、原作の4期にあたる「デッド・ムーン編」が描かれ、ペガサスとの運命の出会いから始まる淡い恋とセーラー戦士たちの成長の物語。主人公のうさぎたちは高校に進学し、ちびうさも未来に帰還する準備を進めるなど、夢に向かって新たな生活を送ろうとしていた。そんな中、日本で今世紀最大の皆既日食が起きて助けを求めるペガサスと『デッドムーン・サーカス』を名乗る飛行船が現れるストーリー。

 今回の元旦広告では、全国版を東西の2種類で展開。それぞれのスーパーセーラームーンとスーパーセーラーちびムーンの背景には、劇場版の場面写真をはじめ、原作や90年代テレビアニメシリーズ、ミュージカルのビジュアル、アイテムの写真など「美少女戦士セーラームーン」プロジェクトの数々がフィルム風に表現されており、これまでの記憶をたどれるようになっている。

 なお、画像右が関東版で左が関西版の広告となる。