NHK総合テレビ・BS4Kで28日から連日放送され、話題を呼んでいる、漫画家・荒木飛呂彦氏原作の実写ドラマ『岸辺露伴は動かない』(後10:00~10:49)。最終夜となるきょう30日放送の第3話「D.N.A」の場面写真を全10点を公開。

【写真】中村倫也の出演シーンなど残りの場面写真9点

 第3話は、新米編集者・泉京香(飯豊まりえ)から彼女が付き合っている写真家の平井太郎(中村倫也)の記憶喪失を、“催眠術”で探って欲しいと頼まれる露伴。太郎は、著名な写真家だったが、6年前に交通事故にあい、一命は取り留めたが、完全な社会復帰に至っていなかった。

 露伴が京香に太郎を紹介され話しているところに、バギーに女の子を乗せた片平真依(瀧内公美)が通りかかる。すれ違い様、娘・真央の手が伸び太郎の服を掴み、太郎を転倒させてしまう。その瞬間、露伴はシェードの奥から見つめる真央の目に異変を感じていた。