歌手の玉置浩二(62)が、大みそか恒例『第71回NHK紅白歌合戦』(後7:30~11:45 総合ほか)に出場することが決定した。玉置が出場するのは、1996年の第47回で「田園」を歌って以来、24年ぶりとなる。

【紅白リハ写真】日向坂46、NiziU、GENEらが登場 パフォーマンスも

 新型コロナウイルスの感染が拡大し続けている今、日本中の視聴者に歌でエールを届けるため、玉置が名曲「田園」をオーケストラとの共演で熱い思いのこもったパフォーマンスで届ける。

 2015年からコンサートで本格的にオーケストラとの共演を始めた玉置。全国各地の会場で売り切れが続出し、大きな話題を集めてきた。今月にはニューアルバム『Chocolate cosmos』を発表した。

 紅白のステージでも、大迫力のオーケストラと玉置の圧倒的な歌唱力の共演が実現する。