テレビ東京で、2021年元日よるに放送予定の『ニッポン不便大賞』(後11:00~深0:30)。便利なことだらけの令和の時代に“あえて”不便な生活を送る人たち。彼らはどんな生活を送り、なぜその道を選んだのか!? 今こそ見るべき、不便だけれど幸せに暮らす日本一素敵な“不便さん”を探すドキュメントバラエティー。MCを務める、お笑いコンビ・アンタッチャブル(柴田英嗣・山崎弘也)が感想・見どころを語る。

【写真】塩づくりに挑む久保竜彦

■収録を終えた感想は?

【柴田】番組に出てきた不便さんは皆さん本当に楽しそうで。当たり前が当たり前じゃなくなったときに、楽しくなるんだろうなと思います。とてもあこがれるところはありますが、すべてを捨ててそこに飛び込むことは難しいな、と思います。

【山崎】電話が繋がったり電気のLEDがついたりしたら、今日から1つ1つに「ありがとう」って言っていきたいですね。このインタビューだって、(当たり前に便利に使っている)ボイスレコーダーにも終わったら「ありがとう」って言いたいですね(笑)。番組に出てきた不便さんは、(携帯の電波の届かない山にアマチュア無線のアンテナを1人で建てたり)すべて1からやる人で、その方々のチャレンジスピリットみたいなのはすごいと思いますね。

【柴田】そして、(出てくる不便さんは)みんなとにかく明るい!(リポーターの)「とにかく明るい安村」がくすむくらいの明るさだったしね(笑)。楽しいじゃないですか。(元サッカー日本代表の)久保竜彦さんなんか、東京で暮らしているときは(試合後の)インタビューは全然できなかったけど、今なんか楽しそうにインタビュー受けてくれてるし。変わるんですよ、やっぱり。やりたいことやれてるってね。

■見どころは?

【柴田】出てくるもの出てくるもの驚けること、というか、不便の中にもやっぱりあこがれの部分がありましたね。山買ってアンテナ作っちゃったりとか、塩作りとか個人でやっちゃうんだ、とか、なんかチャレンジしてみたいな、不便な中にもこんなことできるんだ、など楽しめることがいっぱい転がっているので、そこをぜひ見てもらいたいです。

【山崎】細かい(リポーターの)芸人さんの努力の方も見てほしいです。出てくる不便さんがパンチが強すぎて、芸人さんがうっすらかすんじゃってるところもあるので。そこらへんも、細かいところに笑いがあるので、注目してみていただきたいです。

■番組内で紹介する“不便さん”

▼オンボロ映画館を自宅にしちゃった家族
  秋田県の田舎町で築60年を超える映画館に住む家族に密着! 映画館というだけあり住むには不便だらけ! それでも健やかに明るく暮らす不思議で楽しい家族の暮らしぶりに迫る!

▼元サッカー日本代表・久保竜彦が栄光を捨て、まさかの自給自足生活
 サッカーで日本代表までのぼりつめた久保竜彦が実は今、山口県の田舎で自給自足の生活を送っている。なぜその道を選んだのか!? 一体どんな暮らしをしているのか!?久保のワイルドキャラが全開の爆笑スローライフに密着!

▼超秘境の“野湯めぐり”に没頭するパワフル母さん
 山奥や洞窟に人知れず湧き続ける秘湯ならぬ“野湯”。そんな“野湯”めぐりにとりつかれた主婦の、不便だけどすごい野湯めぐりとは!?自宅に夫と子どもを残して、雪山を越え、洞窟に入り現れる奇跡の絶景に感動!

▼埼玉の奥地に現れるアンテナだらけの小屋
 アマチュア無線にとりつかれ、山奥にアンテナだらけの奇妙な趣味の小屋を作ってしまった男。超不便な思いをしてまで、なぜそんな小屋を作り上げたのか密着!