■『第71回NHK紅白歌合戦』リハーサル1日目(29日、東京・渋谷 NHKホール)

 大みそか恒例『第71回NHK紅白歌合戦』のリハーサルにSixTONESが登場し、写真とコメントが到着した。

【紅白リハ写真】個性溢れる服装で参加したSixTONES

 1月、Snow Manと同時に華々しいCDデビューを飾った2020年。勢いそのままに初の紅白出場を決めた。歌唱するのはX JAPANのYOSHIKIが手掛けたデビュー曲「Imitation Rain」。

 共に出場するはずだったSnow Manは宮舘涼太(27)の新型コロナウイルス感染が判明。他のメンバー8人も濃厚接触者に該当し、無念の出場辞退となった。リハ後に囲み取材に応じた田中樹は、「この大変な年の集大成を、みなさんの前でパフォーマンスして、多くの人の心にどう届くのか、緊張感がありつつも今からワクワクしています。一緒に出場するはずだったSnow Manの分までパフォーマンスできたらと思います」と決意。

 総合司会の内村光良の番組で芸能界入りしたと話す高地優吾は「芸能界の父・内村さんに、成長した姿を見てほしいと思います。番組の収録の際に、『次に会うのはNHKホールだな』と言ってもらえたので、しっかり期待に応えたいです」と恩人の言葉を胸にステージへ臨む。

 松村北斗は「今、ドラマの現場で亀梨和也くんとご一緒しているのですが、今日来る前、『すごく名誉なことだから胸を張って行ってきなさい』という言葉をいただきました」とジャニーズの先輩からの激励を明かし、ジェシーも「初出場ということで、本番がどうなるのか緊張もしていますが、まずは楽しめたらいいと思っています。いろいろな世代が見ていると思うので、そこでどう僕たちが輝けるのか、一人一人に注目してもらい、YOSHIKIさんに楽曲提供してもらった『Imitation Rain』の歌詞とメロディー、パフォーマンスを見ていただけたらと思います」と、緊張と興奮の入り交じる気持ちを口にした。

 さらに森本慎太郎からは「僕は2009年、小学生の頃に『スノープリンス合唱団』というグループで紅白の舞台に立ったことがありますが、SixTONESとしてまた出られるのが嬉しいです。その頃を覚えていてくれる方がいたら嬉しいです」と懐かしい思い出話も。京本大我は「今回デビュー曲を作ってくれたYOSHKIさんも紅白に出場するので、1年歌いこんだ、僕たちなりの『Imitation Rain』をYOSHIKIさんに見てもらいたいです」と成長した姿を見せたいと意気込んでいた。

 『第71回NHK紅白歌合戦』は史上初の無観客で開催。司会は紅組・二階堂ふみ、白組・大泉洋、総合司会は内村光良(ウッチャンナンチャン)と同局の桑子真帆アナウンサー。これまでの紅白対戦成績は、昨年の白組勝利で、紅31勝、白39勝。

■放送予定
NHK総合・BS4K・BS8K・ラジオ第一 12月31日 後7:30~11:45(※中断ニュースあり)