YouTuberで芸人のフワちゃんが、29日放送のカンテレ・フジテレビ系『セブンルール』(後11:10)に出演。YouTubeチャンネル登録者数75万人、今年だけでバラエティー番組を中心に330本以上のテレビ出演を果たし、「ネイルクイーン」「ギャラクシー賞テレビ部門賞」に加え、新語・流行語大賞も受賞し、2020年のエンタメ業界を席巻したフワちゃんのこだわりに迫る。

【動画】フワちゃん流行語大賞でハイテンション!「アタシが今年のリーダーってこと?」

 東京都八王子市出身のフワちゃんは、子どもの頃から人を笑わせるのが好きで、カリスマ的な人気を誇っていたという。中学3年の時に芸能界に興味を持ち、進路相談で「ベッキーみたいになりたいから高校には行かない」と先生に伝えると、「ベッキーは大卒だ」と諭され、大学に進学した。大学2年の時に養成所に入り、お笑いコンビ「SF世紀宇宙の子」を結成したが、パッとせず、コンビを解散。ピン芸人としての活動をはじめたが、「絶対なんか面白いのに…どうやったら売れるんだろう」と、もどかしい思いを抱えていた。

 そんな頃、友人で放送作家の長崎周成氏に誘われ、フワちゃんはYouTubeを開始。きっかけは、「楽しそうだったし、私が一番見せたい自分の面白い形を見せることができるから」だった。フワちゃんから「ただの放送作家と芸人の関係じゃない」と評される長崎氏は、フワちゃんの魅力を「ハラハラするところ。何起きるかわからない感じが楽しい」と語る。YouTube動画の編集は、テロップ入れや効果音にいたるまで、フワちゃん自身が行っているが「何回も見てほしいから…」と、普通に見ていたら見逃してしまうほど、細部にまで詰め込んだこだわりについて、実演解説する。

 「ガンバレルーヤにそのまま挑んでも勝てないし、近藤春菜さんのツッコミと真正面で戦ったらテレビに出られていない。その人たちが捨ててきた要素を武器にして戦っている」と、重ね着スタイルのド派手ファッションに身を包み、唯一無二の存在となった理由を明かすフワちゃん。カメラは、連日テレビ局を駆け回り、分刻みのスケジュールをこなすフワちゃんに密着を行い、流行語大賞授賞式の舞台裏にも潜入。「ネタとかコントじゃなくて、フワちゃん自身が面白いって思われたい」と、独自のスタイルで2020年の日本を楽しませてくれたYouTuber芸人・フワちゃんのルールに迫る。

 スタジオでは、「自分の出演番組を見るのが大好き」なフワちゃんに対し、YOUの「自己肯定感が強いよね~!」という感想をきっかけに、さまざまな反応が飛び交う。フワちゃん流のテンポの速い動画に「隙間恐怖症みたい」と本谷有希子氏が切り込み、長濱ねるは「瞬発的な面白さがくせになってる」と分析。青木崇高は「ファッションも隙がない」と補足し、尾崎世界観は「また隙間のある時代が来そう」と予測する。