大みそか恒例『第71回NHK紅白歌合戦』(後7:30~11:45 総合ほか)で自身初の大トリを務める歌手のMISIAが29日、公式サイトを通じて「今年は『アイノカタチ』この一曲に、ありったけの想いを込めて歌いたいと思います」とコメントを寄せた。

【写真】今月始めには…クリスマスツリー点灯式に登場したMISIA

 MISIAは「私たちの日常が大きく揺らいだ2020年。これまでの当たり前が、当たり前ではなくなったこの1年。それぞれが、それぞれのアイノカタチを模索して歩んできたこの年の締めくくりに、紅白歌合戦で歌をうたわせていただくこととなりました」。

 「大トリで歌うということを聞いた時は、大役への緊張と共に、間もなく訪れる2021年が皆さんにとって明るい希望に満ち溢れた1年になるよう、そして皆さんにそう強く感じてもらえるよう、心を込めて歌いたい、そんな想いが溢れ胸がいっぱいになりました」と記し「今年は『アイノカタチ』この一曲に、ありったけの想いを込めて歌いたいと思います」とメッセージしている。