KinKi Kidsの最新アルバム『O album』が、初週13.6万枚を売り上げ、12月29日発表の最新「オリコン週間アルバムランキング」で初登場1位を獲得した。

【一覧】KinKi Kidsの作品

 これで通算20作目の1位となり、「アルバム通算1位獲得作品数」記録を、浜崎あゆみと並ぶ歴代3位タイ【※】とした。また、歴代3位の記録を持つ同「連続1位獲得作品数」は、『G album -24/7-』(2003年10月発売)から14作連続となり、自己記録を更新した。

 4年ぶりのオリジナルアルバムとなる本作は、「今までの自身を、そして時代を超えて、新たなステージを目指して歩んでいこう」というメッセージを込めた「Over」をテーマに、「The Red Light」「Topaz Love」「会いたい、会いたい、会えない。」「光の気配」「KANZAI BOYA」のシングル5作品と、共同プロデュースの堂島孝平をはじめ、細野晴臣、松本隆、織田哲郎、マシコタツロウ、竹内アンナといった多彩な作家陣による新曲を含む全13曲を収録(通常盤はボーナストラック2作を含む全15曲)。シンプルながらも豊かな音楽性が感じられる作品となっている。

【※】同・歴代1位はB’z(29作)、2位は松任谷由実(24作)

<クレジット:オリコン調べ(2021/1/4付:集計期間:2020年12月21日~12月27日)>