1月8日に公開される人気アニメ『銀魂』のラストを飾る映画『銀魂 THE FINAL』。「終わる終わる詐欺」と話題となった原作漫画も2019年6月に完結しており、今回の映画でアニメも幕を下ろす。公開を前に主人公・坂田銀時役を務めた杉田智和、志村新八役の阪口大助、神楽役の釘宮理恵にインタビューを実施。テレビアニメが初めて放送された2006年4月から約15年間演じたキャラクターや作品への思いを聞いた。

【画像】木刀を持ってイケメンな銀さん…映画の場面カット&キャスト集合写真

■両親より絆深めた15年 3人で作り上げた“万事屋”「1人で演じられない」

――何度も「終わる終わる詐欺」を繰り返してきた『銀魂』ですが、今回の最終章を“最後の物語”と信じることは難しいという声も聞きます。演者側はどのような心境で収録に臨んだのでしょうか。

【杉田】 音響スタッフの方から最終章ということで『悔いはありませんか?』と聞かれましたが、『ないですね』と即答しました(笑)。それは、最終章を迎えたといっても作品が消えるわけではなく、生き続けるからで、「終わった」という実感が僕にはまだありません。また、僕は学校の卒業式で泣かないタイプで「お前は寂しくないのか!」と怒られる子でした。自分が演じたキャラクターの誕生日を特別祝うこともしないので、「血が通っていないの?」と言われることもありますが、今回の完結に対して感動しないことは「悪いこと?」と思いますし、演じる身としてその感情は作品に「必要なのか?」と思うわけです。

【阪口】 映画の台本をいただいた時は「終わるんだ」と思いましたが、収録現場に行くと、いつも通りに始まり、終わっていきました。感慨深いということはありませんでしたので、いい意味で特別な感情はありませんでした(笑)。僕と新八という関係性は終わってしまうかもしれませんが、『銀魂』という作品は続いていくので、悲しい気持ちはありません。ただ、万事屋3人がそろう機会が減ることは寂しいと感じます。この15年間は間違いなく両親より会っているので(笑)。「この曜日のこの時間…」と収録スケジュールが生活習慣に組み込まれていたので、続けてきたものが消えるのは不思議な気持ちです。まだ、『銀魂』としての仕事は続くのですが、それが完全になくなったら、違う感情が生まれるのかも知れません。今は終わった実感がないです。

【釘宮】 終わってしまうという現実を直視したくないのか、「終わる」寂しさを感じないようにしているだけかも知れません。今は寂しい気持ちはないのですが、イベントでファンの方の声を聞いたら「みんな、ありがとう!」と感極まるかも知れません。 私泣き虫なので…(笑)。『銀魂』はいろんなコラボ展開がある作品ですので、終わったと言ってもキャラクターを遠ざけない距離感を保ち続けたいです。

――15年間、同じキャラクターを演じ続けましたが、収録現場で印象に残っていることはありますか?

【杉田】 銀時というキャラクターは本音をなかなか見せないので、役作りの際は『どういう人間なのか?』を常に探っていました。背中と魂で語る男ですが言葉がないので、演じる側は不安でした。こちらから言葉を投げかけ続ける“芝居”という形で、15年間演じてきたので、この作品で彼の魅力が伝わればうれしい限りです。

【阪口】 15年間ですよね…。杉田君の銀時に対する向き合い方が、作品を良くしたと感じました。銀時の中の人が気張り過ぎていたら、独特な空気感にならなかったと思います。さまざまな主役の形がありますが、「銀時の中の人」という立ち位置から言葉・態度で示すのではなく、「銀時」として僕らを引っ張っていったと思います。強烈なリーダーシップと言葉で引っ張っていく主役もいいですが、それは『銀魂』には必要ではなかったので、作品の本質を杉田君は捉えていたと思います。杉田君のポジションとスタンスがうまくハマった15年だと感じています。

【釘宮】 杉田さんが銀ちゃんのことを「背中」でと言っていましたが、杉田さんもスタジオではそのような振る舞い方でした。本人から発信することはなく、見守る姿勢でしたね。作品、スタッフ、演者に対してのリスペクトを感じましたし、信頼感というのを言葉ではなく雰囲気で語っていたので、万事屋3人は絶妙な関係性だったと思います。また、キャスト間の距離感が近く、私たち万事屋の3人は一緒に収録することが多かったのですが、ゲーム収録の時は1人だったため、キャラの演じ方がわからなくなった時がありました。3人での掛け合いで作り上げてきたものなので、いざ、掛け合いをする相手がいないと「どのようなテンション、温度感で声を出していたのか?」と迷子になった記憶があります(笑)。「1人だと神楽を演じることができない」と真剣に悩んでいた時期もありました。

■“ボケ&ツッコミ”キャラ定着で仕事にも影響 強すぎる個性ゆえの“危機感”

――まさに収録現場も仲間で力を合わせる“万事屋メンバー”だったのですね。【杉田】 『銀魂』は別録りが少ない現場で、スタッフさんのこだわりとして『万事屋は漫才のやり取りだから、ボケとツッコミを離してはいけない(別録りしてはいけない)』考えがあったようです。漫才やコントをしているかのような作品ですので、“笑いの呼吸”というものが大切。キャストの掛け合いが多い作品なので、別録りが少なかったのは作品にとって良かったと思います

【阪口】 これは演者側として、とてもありがたいことで、せりふのテンポ感が全く違うようになります。ボケのせりふを言ってもツッコミがないと演者の気持ちも乗らないので、『銀魂』は細かいスタッフさんたちのこだわりで良くなった作品なのかも知れません。

――それぞれ個性豊かなキャラクターを15年間演じてきました。ご自身の個性にも少なからず影響を与えていそうですが、感じたことはありましたか。

【杉田】 銀時は「面白くしよう」と演じないことに気を付けてきました。独りよがりの感情をぶつけてしまうことになるからです。ただ、コメディーな演技に慣れ過ぎて、『「面白くしてやろう」という野心のようなものが芝居に出ているから抜いて!』と別作品で言われたことがありました。『銀魂で慣れすぎちゃったでしょ』とも言われて、そんなことないのにな~と思いましたが(苦笑)。意識しないところでキャラの影響を受けていたみたいですね。

 優しい父親が少しボケるシーンだったのですが、『銀魂』風の笑いの圧が強かったみたいで、ディレクターさんに『狙い過ぎているから』と言われた時は、無意識なことでしたので、嫌な汗が出て恐怖を感じました。なぜなら今後、コミカルな役を演じる際、『銀魂』的な要素を自身で修正できないと、『ほかの作品でコメディーをやる時どうすればいいのだろうか』と迷ってしまう危機感を覚えたからです。声優として、現場監督からの指示に対応することができなければ、“人の指示を聞かない人”“相手と呼吸をあわせることができない役者”になりますから。その時に強く『これはよくない…』と思いました。キャラクターを通して人を笑わせると、段々『次は俺が笑わせてやろう!』となりがちですが、そうなったら役者として『終わり』だと考えています。なので別録りではなく、万事屋3人で一緒に収録する機会が多くて本当によかったと思います。自分の立場を確認できるからです。

【阪口】 新八はツッコミをする場面が多いので、日常でも新八のようなツッコミを求められたりします(笑)。元々僕はそのようなキャラクターではないので、演じたことで「あ~、新八のような人に見られるようになったのか」と思いました。作品に出合う前は、ボケでもツッコミでもない、ニュートラルな役を演じる機会が多かったので、“ツッコミ”キャラが定着したのは『銀魂』の影響を強く感じました。自身が『新八に引っ張られた』というのではなく、『周囲が僕を新八のような人だと思われているのか』と思います。周りの目の変化を感じた15年間でした。

【釘宮】 かわいいキャラクターを演じる機会が多かったですが、神楽を演じて“汚い言葉を言う”役が増えたことはないですよ(笑)。叱るキャラクターを演じる機会が増えたように感じたこともありましたが、私自身はキャラクターの影響を感じてはいません。…汚い言葉を言うことに抵抗感はなくなったと思いますが(笑)。(隣から杉田・阪口「よくない! よくない!」「うっうっ、ごめんよ~」) 抵抗感があったら『銀魂』の神楽を演じ続けることができなかったと思いますし、いつでも体当たりでぶつかれる作品に出会えて幸せな15年間でした。

■『銀魂 THE FINAL』作品概要

 『銀魂』は、2003年12月から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載がスタートした同名漫画が原作。架空の江戸を舞台に「天人」と呼ばれる異星人らによって支配された世界で、何でも屋の坂田銀時とそれを取り巻く人々が織りなすSF時代劇コメディー。06年4月にテレビ東京系でアニメの放送がスタートし、これまでに第4期まで放送している。 『銀魂 THE FINAL』では、地球滅亡のカウントダウンが迫る中、銀時、高杉、桂が、虚の野望を阻止するために奮闘。そして、師匠・松陽の悲願を胸に戦い続ける銀時たちを援護するため、新八、神楽、真選組たちまでもが参戦し、彼らの“最後”のバカ騒ぎが描かれる。

(C)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会