家事ド素人の3人――バカリズム、中丸雄一(KAT-TUN)、カズレーザー(メイプル超合金)――が、家事をゼロから学んでいく、テレビ朝日系ドキュメントバラエティー『家事ヤロウ!!!』の年末スペシャル「2020年話題になった簡単おうちレシピベスト20」が29日(後8:00~10:00※一部地域を除く)、放送される。スペシャルゲストとして、女優の鈴木保奈美が登場。ベスト20にランクインしたレシピ2品を作るほか、自宅でよく作っているという簡単レシピを慣れた手つきで披露する。

【写真】高畑充希、指原莉乃もゲスト出演

 「信じられないゲストが来てくださいました~!」というバカリズムの呼び込みで、キッチンスタジオに登場した鈴木。バラエティー番組に出演することが貴重である上、その可憐なたたずまいを目の当たりにした3人はまさにノックアウト状態で、「違和感がハンパないです!!」(バカリズム)、「我々、普段の力を発揮できません!」(カズレーザー)などと緊張しまくる。

 中でもバカリズムは、鈴木の新人時代の出演作『まんが道』(1986年、NHK)の頃から「この子は売れる!!」と確信し、ずっとその活躍を見つめ続けてきたと“保奈美愛”を激白。鈴木を「えー!! ウソーー!」と動揺させる。バカリズムは、料理の前に鈴木が丁寧に手を洗う姿にも「これはなかなかテレビでは見られません!!」と心酔。憧れの人を前にいつになくテキパキと進行するバカリズムに、中丸は「今日のバカリさんの説明、めちゃくちゃわかりやすいんですけど…」と驚きを隠せない。

 鈴木がまず作るのは、SNS上で《#作ってみた》が大量発生した、超人気炊き込みごはん。何台ものカメラが手元を狙う状況に「すごく見られてますよね…ドラマでもこんなことないです…」と戸惑いながらも、鈴木は手際よく調理を開始。ごはんが炊きあがるまでの空き時間、鈴木のプライベートに興味津々の3人は質問しまくり。

 「お笑い芸人で好きなのは…?」と聞かれた鈴木は、芸人の名前を告白。なんとマニアックなその著書まで購入したという意外なエピソードを明かし、バカリズムは嫉妬のあまり「ここはバッサリ、カットしてもらおう…」とダークなつぶやきをもらしたほど。そのほか、「ジャニーズのタレントで好きなのは?」という質問も。『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』もよく見ていると話し、カズレーザーを大喜びさせる。

 さらに、3人からのおねだりで普段、自宅で作っているレシピも教えてもらうことに…! 鈴木が披露するのは、自身のレシピの中で「思いつくかぎりでいちばん簡単」という、“わかめ炒め”。途中、わかめが油でハネ飛ぶハプニングもあったが、試食した3人は「これが食卓にあったら幸せになります!」(中丸)などと大絶賛。カズレーザーにいたっては「来世は鈴木さん家に生まれよう」と、“息子になりたい願望”まで飛び出していた。

 鈴木は《今年最もバズった即席麺アレンジレシピ》作りにもチャレンジ。これは即席麺を洋風に大変身させるアイデアレシピで、「(カップ麺は)たまに無性に食べたくなるときがありますよ」と気さくに語る鈴木が、またまた見事な手際で作っていく。即席めんそのものの味を溺愛するバカリズムは「余計なことをするのはイヤだ」とアレンジレシピに否定的だったが…出来上がりを試食したところ、まさかの反応を見せることに!?

 また、鈴木は調理中、これまで『家事ヤロウ!!!』で紹介した、卵を白身と黄身にキレイにわける裏ワザに挑戦。ペットボトルを使って一瞬で分離する衝撃の方法に、鈴木は「これ、面白い! 楽しい!!」とはしゃぐひと幕も。

 このほか、年末SPには指原莉乃、高畑充希、林修らがゲスト出演し、簡単おうちレシピを作っていく。さらに、『M-1グランプリ2020』で4位を獲得し、来年ブレーク必至のコンビ・錦鯉(にしきごい)も登場。ベスト20にランクインした数々のレシピのポイントをダイジェストで伝授していく。