お笑いコンビ・ウエストランドの井口浩之(37)と河本太(36)が、PCR検査で陽性との検査結果が出たため、保健所の指示を待つために自宅待機していることが28日、所属事務所のタイタンが発表した。

【写真】今年のM-1では決勝に進出したウエストランド

 サイトでは「本日12月28日(月)弊社所属 ウエストランドの井口浩之、河本太がPCR検査にて陽性との検査結果が出た為、現在、保健所の指示を待つと共に、自宅待機中です」と報告。

 経緯について「昨日12月27日(日)昼、井口に37.8℃の発熱があることが分かり、自費診療にて井口、河本、マネージャーの3名がPCR検査を受けたところ、全員陰性との結果でした。本日、念のためインフルエンザの検査と共に、改めて2度目のPCR検査を受けたところ、井口浩之、河本太は新型コロナウィルス陽性との結果が出ました」と説明した。

 ファンや関係者に謝罪し、「弊社としましては、2人のサポートを行うとともに、保健所の指示・指導に従い、今後も引き続き、所属タレントおよびスタッフ、関係者の感染防止、予防対策を徹底してまいります」と伝えた。

 ウエストランドは、先日の『M-1グランプリ2020』で決勝進出を果たした。