ロックバンド・氣志團が28日、公式サイトを通じて活動再開することを報告。あわせて、新型コロナウイルス感染により保健所の指導のもと療養していた綾小路翔、早乙女光、西園寺瞳について「全快しました」と伝えた。

【氣志團万博2019】綾小路翔、葛藤経て繋いだ故郷・千葉へのエール

 サイトでは「新型コロナウイルス感染により保健所の指導のもと療養生活を続けてまいりました、綾小路翔、早乙女光、西園寺瞳につきまして、厚生労働省の定める療養の解除基準を充し全快しました」と報告。

 続けて「陰性であった星グランマニエ、白鳥松竹梅につきましても、濃厚接触者として保健所より指示のあった自宅待機期間を終えており、氣志團としての活動を再開いたしますことをご報告申し上げます」と記した。

 なお、12月31日開催の『第4回 ももいろ歌合戦』には予定通り出演することも発表した。

 最後は「ファンの皆様、関係者の皆様に多大なるご迷惑とご心配をお掛けいたしましたことを、改めてお詫び申し上げます」とし「今後もより一層感染防止対策を徹底し、安全の確保に努めてまいります」とメッセージしている。