俳優の横浜流星が、フジテレビで大みそかに放送される格闘技の祭典『RIZIN.26』(後6:00~11:45)のスペシャルゲストとして、生中継される那須川天心 vs クマンドーイ・ペットジャルーンウィット(タイ)の試合を観戦することが決定した。

【写真】極真空手で世界一になったときの横浜流星

 横浜は極真空手が特技で、中学生の時に「第7回国際青少年空手道選手権大会」13・14歳男子55キロの部で優勝し世界一に輝いている。実は中学時代、試合会場で2歳下の天心と顔を合わせたこともあった。そんな2人は今年1月に『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で7年ぶりに再会。ミットでお互いの蹴りを受け合い、天心は横浜を「全然なまっていない」と絶賛、スタジオは大いに盛り上がった。

 格闘家ではなく俳優の道へ進んだ横浜だが、毎日腕立てや腹筋などは欠かさず、極真空手の経験と日々の努力は演技に生かされ、今年10月に公開された主演映画『きみの瞳(め)が問いかけている』では、キックボクサー役を熱演。劇中では「KNOCK OUT」(キックボクシングの大会)の選手で中学時代の戦友である与座優貴選手と“対戦”するなど、横浜のアクションに多くのファンが魅了されている。

 横浜は今回の観戦について「極真時代から、大みそかは必ず家族で格闘技を見ていたので、今回ゲスト観戦させて頂き光栄です。この日のために魂を込めて、日々鍛錬を重ねてきた皆さんの熱い闘いを、天心の勇姿をこの目で見届けたいと思います」と気合十分。

 天心に向けて「相手選手の試合は見たことがありませんが、ラジャダムナンのバンタム級1位で、ロッタン選手にも勝ったこともあるという情報があり、天心にとっても簡単な相手じゃないと思います。ただ天心ならやってくれると信じています!」と熱いエールを送った。

 ペットジャルーンウィットは「テンシンにとって最後の日にする」と勝利宣言しているが、天心がどんな熱闘を繰り広げるか。横浜の実況席でのコメントともに注目が集まる。

 横浜のほか、女優の山本舞香、元プロ野球選手の清原和博氏、氣志團の綾小路翔の出演も決定。山本はRIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチ、清原氏は朝倉未来 vs 弥益ドミネーター聡志と五味隆典 vs 皇治、綾小路は朝倉海 vs 堀口恭司のバンタム級タイトルマッチを観戦する。