10月16日に公開されたアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の最新の興行収入が28日に発表され、初日から73日間で、観客動員2404万9907人、興行収入324億7889万5850円を記録した。実写作品も含めた歴代の興行収入ランキング1位の『千と千尋の神隠し』の316.8億円(興行通信社調べ)を突破し、『鬼滅の刃』のアニメーション制作を担当しているufotableが、公式ツイッターを更新し、ファンに感謝の気持ちを伝えた。

【写真】「うれしいです!」 興収歴代1位に喜ぶ炭治郎役・花江夏樹

 ツイッターでは「制作スタッフ一同よりも改めて御礼お届け致します。ありがとうございました」と感謝し、「来年も上映は続いております。たくさんの方に見ていただければ幸いです。宜しくお願い致します」と呼びかけた。

 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、公開3日間で興行収入46億円、10日間で107億円、17日間で157億円、24日間で204億円、1ヶ月で233億円、公開16日間で動員数1000万人、45日間で2000万人を突破した大ヒット映画。歴代興収1位の作品タイトルが入れ替わるのは、『千と千尋の神隠し』が『タイタニック』の記録を抜いた2001年11月以来、19年ぶりの快挙となった。

 『鬼滅の刃』は、2016年2月から20年5月まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた漫画が原作で、コミックス累計1億2000万部を突破する人気作。大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台で、炭売りの少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで生活が一変し、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために旅に出るストーリー。

 昨年4月から9月にかけてテレビアニメが放送され、人気に火が付き社会現象化。アニメの最終話からつながる今回の劇場版は、鬼が乗っ取った“無限列車”を舞台に、炭治郎と炎柱・煉獄杏寿郎らが鬼と戦うストーリーが展開されている。