歌手で俳優の木村拓哉と人気グループ・関ジャニ∞の大倉忠義が4日放送のフジテレビ系『ネプリーグSP』(後7:00)に出演。木村は主演ドラマ『教場II』チーム、番組初出演となる大倉は主演ドラマ『知ってるワイフ』チームを率いて、ジャニーズ先輩・後輩の真剣勝負を展開。大先輩の木村を前に、思わず「頑張ってください」と応援してしまう大倉は自分自身も「緊張しています」と不安の様子をみせる。

【写真】大倉忠義主演『知ってるワイフ』チーム集合写真

 今回『教場II』チームは木村のほか、濱田岳、杉野遥亮、和田正人、EXIT(りんたろー。、兼近大樹)が参戦。木村を中心とした持ち前のチームワークを発揮することはできるのか。そして『知ってるワイフ』チームは、大倉のほか広瀬アリス、瀧本美織、安藤ニコが集結する。

 1stステージは、音楽のリズムに合わせて英語の和訳や画像問題をテンポよく答えるゲーム『ノンストップDJ』。木村は6年ぶりの同番組参戦とあって、ネプチューンも「ありがと~!」と大興奮の様子。ドラマを引っさげたチームの不安要素を聞かれると「僕の中ではいないですね」と断言する木村の言葉がプレッシャーとなり、濱田、杉野、和田の顔が引きつる事態に。そして助っ人として参加したEXITは、さっそく、兼近がやらかしてしまい、これには木村も動揺を隠せず「今日大丈夫かな?」と心配に…。

 2ndステージは、あらゆる分野から出題された問題に1人1文字ずつ解答し、全員で6文字の答えを完成させるゲーム『ハイパーファイブリーグプラス』、『教場II』チームは1問目から、木村が「こういうことやめてほしいんですけど!」と答えが危うい問題を前にソワソワ…。対する『知ってるワイフ』チームはクイズに積極的に答えようと瀧本、安藤が奮闘するも、誰もが知ってる海の生き物の問題に瀧本がパニックとなる。

 3rdステージは、一般の方に聞いた「~といえば何?」の1位~5位を交互に答える一対一のタイマン勝負「トイエバーセンス」。各チームの代表として木村、大倉がこのクイズに挑む。「自粛期間中に新しく始めた事といえば?」と、2020年ならではの問題を互いにさまざまなな思考を巡らせる。果たして1~5位を全て当てる事ができるのか。他にも「女性がきゅんとする男性の仕草」の実践などファン必見の回答が続出。モニタールームも大盛りあがりとなる。

 このほかにも4thステージは、常識的な日本語漢字の読み・書きを答えるゲーム『日本語ツアーズバギー』。5thステージは、さまざまなモノの割合を答えるゲーム『パーセントバルーン』。6thステージは、12個以上正解がある常識問題を制限時間内に答えるコーナー『ハイパーボンバー』などに挑戦する。

 いつもより数が多くなり難易度もアップした『ハイパーボンバー』に、パーフェクトを目標に意気込む『知ってるワイフ』チームだが、キャプテン大倉は『広辞苑』の言葉の問題で追い込まれ、真顔でフリーズ…。対する、『教場II』チームも、最終対決にして「ここまで気持ち良く正解できてない!最後くらいはパーフェクト行こう!」とチームを鼓舞する。果たして、宣言通りにパーフェクトなるか。