NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)で主演を務める俳優の長谷川博己が、きのう27日、クランクアップしたことが、わかった。2019年6月3日から撮影に入り、撮影開始時には予想もできなかった約3ヶ月にも及ぶ撮影休止期間を乗り越え、主人公・明智光秀を演じきった長谷川本人と制作統括・落合将氏のコメントが28日に到着した。なお、同ドラマは、来年2月7日の第44回が最終回。

【写真】『麒麟がくる』子役でブレイクした加藤清史郎も登場

【長谷川博己さん(明智光秀役)コメント】
 みなさま、本当に本当にお疲れ様でした! まだ実感は湧かないのですが、とにかくクランクアップできて本当に安心しました。長く険しい道でしたが、出演者、スタッフのみなさんひとりひとりに、感謝の気持ちをこめて「ありがとう」と伝えたいです。スタッフのみなさんのプロフェッショナルさが本当にすばらしくて感服しました。

 大河ドラマは日本の文化なんだとすごく感じましたし、絶対これは続けていきたい、後につなげていきたいと思いました。現世でも、麒麟がくる世を願って。みなさま、本当にありがとうございました!

【制作統括・落合将氏のコメント】
 長谷川博己さん、クランクアップ本当におめでとうございます! 長い長い間、明智光秀を演じていただき、その苦労と重圧は大変なものだったと思います。

 思えば、新型コロナウイルスによる撮影中断・放送中断という前代未聞の出来事をはじめ、実にさまざまなトラブルが降りかかってきた大河ドラマでした。しかし、どんなトラブルが起こっても、長谷川さんは池端俊策先生の世界観を強く信じ、池端さんが紡ぎだす明智光秀像と自分なりに格闘し、この物語を現代に送り出す意味を常に考えながら、ぶれない姿勢でチームを引っ張ってくれました。

 大きく身を削ったであろうその長い長い闘いは、完成した作品の中の光秀の芝居にすべて現れていて、この21世紀版戦国叙事詩ともいえる大河ドラマの中心で特別な輝きを放ったと思います。あたかも、苦しい生きざまの中に矜持を示した、実在の明智光秀のように…。

 『麒麟がくる』」は、大河ドラマとしては史上初の越年放送となります。年明けからは最終章として本能寺の変に向けて大きなクライマックスを迎えます。大変な時代ですが、お茶の間の娯楽として、あっと驚く結末に向けて最後まで楽しんでご覧いただければと思います!