NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。27日放送の第38回「丹波攻略命令」では、坂本城に預けられていた三淵藤英(谷原章介)が切腹し、三好の一党との戦が一段落したと思ったら、美濃の稲葉一鉄の家臣・斎藤利三(須賀貴匡)が逃げ込んできて、織田信長(染谷将太)からは丹波攻めを命じられる明智光秀(長谷川博己)。ヒリヒリするような展開が続く中、ほっこりできる場面もあった。それが、光秀のバテレンコスプレシーン。

【写真】第38回の場面カット

 信長からバテレン(カトリックの宣教師)の土産物の服をもらった光秀が、居城に持ち帰り試着してみたところ、娘の岸(天野菜月)やたま(芦田愛菜)に「妙なお姿で」と笑われ、明智左馬助(間宮祥太朗)も笑いをこらえる中、妻の熙子(木村文乃)だけが「たいそうお似合いでございますよ。都でみた南蛮人のよう」とほめて、光秀も満足そうな表情を見せていた。

 番組公式ツイッターでは、熙子役・木村の「成長した たま役が芦田愛菜さんだと伺って、うれしかったし頼もしく感じました。バテレンの装いで照れながらも堂々と立っている十兵衛様を見て、みんなは笑いをこらえていましたが、私はすてきだなと思ったので、どうしてみんな笑うのか、今も納得していません(笑)」というコメントを紹介していた。