5人組ダンス&ボーカルグループの超特急が27日、オンラインスペシャルライブ『Superstar』の最終公演を開催した。終演後には、来年6月に東西アリーナツアー『Hoopla!』を行うことを発表。実に1年4ヶ月ぶりとなる有観客ライブの決定で、8号車と呼ばれる超特急ファンにうれしい報告をした。

【写真】最終公演で笑顔の超特急!オンラインライブの様子

 25、26、27日と3日間にわたり行われたライブ『Superstar』は、3公演すべてが異なる構成・メニューとなっており、2020年最後のライブとなった最終日のテーマは“クール”。楽曲ラインナップの中でも、特に大人びた側面をフィーチャーし、ひたすらにカッコよさを追求した。

 25日に結成9周年を迎えたばかりの超特急。リムジンで会場まで乗りつけるという想定外のオープニングから、歌やダンスでファンを魅了。そしてアンコールの「Asayake」が終わり、「良いお年を!」と笑顔で手を振る5人から映像が切り替わってツアー告知のティザー映像が流れると、コメント欄には8号車の歓喜の声が殺到。今年初春のファンクラブツアー以来、1年近くメンバーと直接会えていないことから、喜びの声が相次いだ。なお、ツアータイトル『Hoopla!』の意味は「大騒ぎ」。

■2021年アリーナツアー詳細 BULLET TRAIN ARENA TOUR 2021 SPRING 「Hoopla!」

2021年6月4日 ぴあアリーナMM 開演午後7時
2021年6月5日 ぴあアリーナMM 開演午後3時
2021年6月6日 ぴあアリーナMM 開演午後3時
2021年6月10日 神戸ワールド記念ホール 開演午後7時
2021年6月12日 神戸ワールド記念ホール 開演午後3時
2021年6月13日 神戸ワールド記念ホール 開演午後3時