NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。27日放送の第38回「丹波攻略命令」で、主人公・明智光秀(長谷川博己)の坂本城に預けられていた三淵藤英(谷原章介)に、自害せよとの下知が…。三淵は光秀の娘・たま(芦田愛菜)との穏やかな時間を過ごした後、信長に助命を直訴するという光秀の申し出を断り、誇り高き最期を遂げた。

【写真】『天地人』の子役でブレイクした加藤清史郎も初登場

 光秀との最後のシーン。「捨てられる花にも、一度は咲いてみせたという誇りが有るように見える」という言葉に込められた三淵の思いや、このシーンの撮影時について谷原は「自分なりにやり切ったという思いでした。もちろん胸の内には、信長についていれば…将軍と距離をおけば…そのような思いもあったのかもしれません。でもそれをしてしまうと(細川)藤孝と同じになってしまう。そうして生き残ったとて三淵にとっては死んだも同然の意味のない生になってしまう。どう生きるかということはどう死ぬのかということなのかもしれません。その晩節を助命嘆願でけがしたくはなかったのです」と、想像を巡らせた。

 第1回で、堺を訪れた光秀と初めて出会った時の三淵は、将軍・足利義輝(向井理)の奉公衆。しかし、義輝を討ち死させてしまい、義昭を将軍に擁立するため朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)の嫡男・阿君丸に毒を盛り、織田信長(染谷将太)の力を借りて上洛を果たすも、信長を敵視するようになり、将軍への忠義を貫き通す。

 「最初三淵は感情を表に出すことが少なく、策士なのか? 特権意識で凝り固まった嫌なやつなのか? どういう人間なのか掴みづらかったです。物語が進むにつれ徐々にその姿が僕にも見えてきて彼を好きになっていきました。三淵と藤孝は対照的な二人だと思います。藤孝の生き方は人間としては正しいと思います。ですが三淵の生き方は幕臣として正しいものであったと思います。三淵藤英という役に出逢えて、演じることができて幸せでした」

 と、谷原は話していた。