お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、27日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。タレントの中居正広とともに考案し、MCを務めたフジテレビ系土曜プレミアム『まつもtoなかい~マッチングな夜~』が、ギャラクシー賞テレビ部門2020年11月度月間賞を受賞したことを受けて、感想を語った。

【番組カット】森進一の親子初共演など、豪華マッチングが実現

 東野幸治から、この話題を向けられた松本は「なんか中居君が、さっきスタッフに聞いたら『中居君、ギャラクシー賞取れたんですよ』って言ったら、いまいちピンときていないみたいで、ギャラクシー賞というものがね」とコメント。中居正広が「何の賞かは、わからなくて、きょう知った」と明かすと、松本は「言うときますけど、ノーベル賞よりはだいぶ下よ」と笑わせた。

 東野が「いろいろなテレビ番組の中で優秀だった番組にギャラクシー賞が与えられる。ふと考えたら、松本さんフジテレビでいろんなめちゃくちゃやってません?」と口火を切ると、中居も「土曜9時ってレギュラーなんですか?」と質問。東野が「27時間テレビもできるんじゃないですか?」と向けると、松本は「いうてもやっぱりカリスマ性あるからね、もう嫌なんやねどね」と笑いに交えながら、この話題を締めくくった。

 ギャラクシー賞の選評では「松本人志と中居正広が“会わせてみたい人”をマッチング。見どころを押しつけるテロップやワイプ、CMまたぎのあおり映像などの昨今の手法から離れたテレビの原点が逆に新しく、広々と自由な画面に甲本ヒロト×菅田将暉ら4組の対談が躍動した。送り手の覚悟が脱予定調和を引き寄せ、読後感の異なる4通りの見応えと感動があった」と理由を伝えている。