5人組バンド・LUNA SEAは26日、メンバー・真矢(D)が新型コロナウイルス「陽性」となったため12月26、27日に予定していたさいたまスーパーアリーナ公演を延期すると発表した。

『LUNATIC FEST.』ポスター&会場図面

 公式サイトでは「本日12月26日、明日27日に開催を予定しておりました、LUNA SEA -RELOAD- さいたまスーパーアリーナ公演は、メンバーでドラム担当の真矢が、公演当日の朝、急遽体調不良を訴え、会場入り前に新型コロナウイルス感染症のPCR検査を実施した結果、陽性反応が確認されたため、本日と明日の2公演を、延期振替とさせていただくことになりました」と報告。「本公演を楽しみにされていたお客様には、大変なご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。心より深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 「真矢は、保健所や医療機関の指示に従い、療養および回復に向け、経過観察致します」と説明。「今後は延期振替公演に向け、出演者、スタッフ一同でさらなる感染防止対策を徹底し、万全の体制にて公演をお届けすべく準備を進めて参りますので、ご理解承りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」とし、「この度は、あらためてお客様に多大なるご迷惑をお掛けしましたことを、重ねて深くお詫び申し上げます」と伝えた。

 本公演の振替公演日程、払い戻しなどの詳細については、決まり次第、近日中にオフィシャルサイトにて発表される。また同公演はライブ配信も行われる予定だったが、こちらも延期となった。チケットはそのまま有効。