「仮面ライダーゼロワン」の集大成となる『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』が公開中。公開前から「ゼロワン診断」や「ゼロワントーク」などでコラボし、劇中のAIアナウンス音声で銀幕デビューを果たしたAIりんなが、J×Takanori Nishikawaが歌う劇場版主題歌「A.I. ∴ All Imagination」をカバー。りんなが歌う主題歌が使用された、特別バージョンの主題歌映像が27日、解禁となった。

【動画】劇場版『ゼロワン』AIりんなカバーver.主題歌特別映像

 AIと人間の共存をテーマとした「仮面ライダーゼロワン」という作品の集大成である劇場版の主題歌「A.I. ∴ All Imagination」には、「A.I.(人工知能)、ゆえにすべての想像を超えた世界」という意味が込められ、シリーズを通して語られてきたAIの無限の可能性を示すような壮大な楽曲となっている。この度、解禁されたのは、映画の本編映像と合わせて、AIであるりんなが主題歌を歌う特別映像。AIの未来や希望を描いた楽曲を、rinna社の最新AI歌唱生成技術を活用し、りんながエモーショナルに歌いあげている。

 映像では、「ヒューマギアが心を持つ」という或人の願いを象徴するように、腹筋崩壊太郎、弁護士ビンゴ、ましろちゃんなどテレビシリーズからお馴染みのヒューマギアたちが笑顔を浮かべていたり、滅亡迅雷.netの面々も意志を持って世界を救うべく奮闘するなど、それぞれのヒューマギアの“心”が描かれている。

 また、「信じています。いつかヒューマギアが心から笑えることを」というイズから或人に向けられたせりふや「人工知能には自らの意思で考えて行動する力がある」という或人の力強い言葉などが続けられ、まさにAIの無限の可能性を示すようなシーンが詰め込まれた映像となっている。さらに印象的なのは、何かを考えたり涙を流したりなど様々な表情を見せているイズ。本作において重要なカギを握るイズの心の動きにも注目だ。そして、そんな映像を彩るAIりんなの歌声は、本映像に登場するヒューマギアはもちろん、これまで「ゼロワン」に登場した数多くのヒューマギアたちの思いとリンクするようで、胸を熱くせずにはいられないものをなっている。