人気グループ・Snow ManによるTBS系バラエティー『それSnow Manにやらせて下さい』(後11:50)が1月1日に放送。今回はスタジオゲストとして俳優の尾上松也が登場し、メンバーの向井康二は『半沢直樹』に出演していた松也に、得意だという半沢のモノマネを披露。“瀬名社長”になりきった松也は、向井は“○○返し”に「対応力が素晴らしい」と絶賛する。

【写真】ゲスト出演した尾上松也

 Snow Man初の冠番組として動画配信サービス・Paraviでレギュラー配信されている同番組の地上波特番第2弾にして、初の全国放送。番組でスタジオにゲストを迎えるのは初めて。メンバーがアイドル以外の職業に就いたらいくらで雇ってもらえるのかを査定する『それSnow Manだとおいくらですか?』企画では、メンバーの個性や特徴を生かせそうな職業の面接を受け、いくらで雇いたいかを松也ガチ査定してもらう。

 スタジオでは、Snow Manと松也が査定金額を予想するクイズに挑戦。予想金額と正解金額の差額を1問ずつ加算していき、一番差額が大きかった人には過酷な罰ゲームが用意されている。面接VTRを見て金額を予想していくが、個性たっぷりの内容にスタジオは爆笑の連続。自分の“価値”を1円でも上げるべく、本気で自己PRをするメンバーの姿がみどころに。向井はスタジオトークについて「リアクションや空気感にも注目してほしい」とアピールしている。そのほか、番組テーマソング「ナミダの海を越えて行け」もテレビ初披露する。