声優の内山昂輝、島崎信長、福山潤、柿原徹也が26日、都内で行われた映画『HoneyWorks 10th Anniversary “LIP×LIP FILM×LIVE”』の公開記念舞台あいさつに出席した。

【画像】集合ショットでキメ顔を見せる内山昂輝ら

 クリエイターユニット・HoneyWorksの「10周年記念プロジェクト」として制作された本作。「LIP×LIP」の勇次郎を内山、愛蔵を島崎、「Full Throttle4」のIVを福山、MEGUを柿原が演じている。

 鑑賞を終えたばかりのファンから拍手を浴びて登壇した島崎は「LIP×LIPとして人前で話すのが初めて。僕自身、LIP×LIPのファンのような形で関わってきたので、ちょっとうれし恥ずかしです」と笑顔を浮かべた。

 一方で内山は「今回の仕事は誤算。最初に引き受けた時は『歌ってくれれば大丈夫、表に出ることはないから』と聞いていた」とボヤき、「徐々にセリフも増えてきて、(キャラクターを)動かすことを前提に始めてなかったのですごいやりにくかった。今回は産みの苦しみを味わいながらアフレコに臨みましたね」とぶっちゃけ、笑いを誘う。

 それでも締めのあいさつで内山は「音楽ありきで始まったユニットですが、それから彼らのエピソードが垣間見えるような作品を積み重ねて、遂に映画までたどり着きました」と感慨深げに語ると、「まだまだエピソードはありそうだなと。今後も面白いコンテンツを楽しみにしています」と期待を寄せていた。