ラッパー・般若初の長編ドキュメンタリー映画『その男、東京につき』(公開中)の劇中コメントが25日、解禁された。

【動画】ZeebraやR-指定が証言!解禁された映画の予告映像

 日本語によるラップにこだわり、その独特なリリックは多くのファンだけでなく、日本のヒップホップシーン、そして音楽シーンに大きな影響を与えてきた般若。しかし、その背後にはこれまで多くを語られなかった壮絶な過去があった。どん底から拾い上げた言葉は多くのファンを魅了し続け、ついに武道館ワンマンライブを成功させた。今まで語られることの無かった父への想い、今後の想いを赤裸々に語った初の長編ドキュメンタリーとなっている。

 かつて目標に掲げていた武道館ライブに向かう道のりで、般若は「気がついたら音楽をずっとを聴いてきた」と自身の人生について振り返る。「たまたまなんですよ、俺がヒップホップというジャンルを選んだのは」と言い、「元々は長渕剛さんが好きで、だけど長渕剛さんが好きだったら普通ギターを手に取ると思うんですよね。それが俺はそうじゃなかった」と、たまたま別のジャンルへ進んだと明かした。

 「時代背景だったりとか、地元だったりとかいろいろなものが偶然重なってってヒップホップに魅了されていった」と要因を分析。武道館ワンマンライブを目前に「特別何かをするってわけじゃないんですけどね。武道館という相手と戦って、その勝敗結果が出ると思うんですけど、大事なのはその後なんで」と先を見据えた。この武道館ライブは「思い出作りのためではない」と強調し、一心に自分の道を突き進む般若の芯の強さを感じさせるコメントとなっている。