俳優の遠藤憲一、高嶋政伸、田中要次、寺島進、寺脇康文ら2020年も大活躍だったバイプレーヤーたちが、来年1月4日放送の東海テレビ・フジテレビ系バラエティー『#お正月おじさん』(後1:15)に出演する。数々の作品に引っ張りだこの“おじさん俳優”たちが一堂に会して新年会を開催。“お正月おじさん”として新春にふさわしい縁起モノを集める本気のロケに挑戦する。遠藤はインスタライブを始めたり、高嶋政伸はバンジージャンプをしたりと、演技の世界から離れて全力に取り組むおじさん俳優の魅力が詰まった75分番組となる。

【写真】手作りの年賀状作成に挑む遠藤憲一

 遠藤が挑むのは完全オリジナルの“手作り年賀状”。手彫り版画で年賀状を丸ごとデザイン。完成品は視聴者プレゼントに…ということで、せっかくならみんなのアドバイスが聞きたいとロケ中に個人アカウント初となるインスタライブを敢行。しかし、コメントが早くて読めず「え? これ今始まってる?」「えと、どうやって終わるの?」とてんやわんやになる。

 田中は超縁起“巨大ジェンガロケ”へ。『ジェンガ』はスワヒリ語で『建てる・積み上げる』を意味することから縁起が良く、かつみんなで遊べる、ということでジェンガ作りを提案する。DIY好きということもあり、工房にお邪魔するやいなや自ら図面を書き、“マイ具”まで用意。木材の切り出しから、釘打ち、両取り、文字入れまで、大量のブロック作りはもはやDIYの域を超えるほどの熱の入れよう。完成品を新年会の会場でお披露目する。

 高嶋は“初めてがいっぱい”ロケということでマザー牧場へ。丑年にちなみ牛の乳しぼりや子豚レースに挑戦後、人生初というバンジージャンプへ。バヌアツ共和国で成人を祝う儀式として行われたのが起源とされるパンジージャンプでゲン担ぎしようとするも「危ないから」と事務所からNGの声がかかる…? さらに、突然、高嶋がら「高所恐怖症なんだよね」と衝撃の告白。数々の苦難を乗り越え、21メートルのバンジー台から縁起よく飛び降りることはできるのか。

 寺島は第二の故郷・京都の銭湯に弟子入り恩返しロケへ。たびたび撮影で訪れるという京都。そこには、寺島が常連客として通う銭湯があった。ある日、客として訪れた際、汗だくになって薪で湯を沸かす大将の姿を見た寺島。いつか大将に恩返しがしたいと心に決めており、今回弟子入り志願した。薪運ぴ、湯沸かし、接客、閉店後深夜の掃除まで全力投球。ロケの最後には、お正月に絶対銭湯に入りたくなる粋なサプライズも待つ。

 寺脇が挑むのは“書道ガール直伝!書初めパフォーマンスロケ”。お正月の縁起物の代表格といえば書初め。せっかくならばビッグな書初めがしたいと、寺脇が訪れたのは水戸葵陵高校書道部。書道に音楽やダンスを合わせ、体全体を使って大きな筆で大きな半紙に文字を書くパフォーマンスに挑戦する。女子高生との壮絶な世代間ギャップにぶち当たりながらも、高校生との練習に取り組む。寺脇の本気が伝わったのか徐々に部員たちとの距離も縮まり10代が抱えるの本音トークも。実は、コロナ禍で最後の舞台が無くなっていた3年生にとって、今回のコラボパフォーマンスは特別な舞台。迎えたバフォーマンス本番。全員の気持ちをひとつに成功を目指す。

 そして新年会に集まった、個性豊かなおじさん俳優たちを相手に戦々恐々と司会進行するのは、麒麟・川島明。さっそく、持ちネタの「麒麟です」をやらされることに。ほど良くお酒も進み、にぎやかなおじさん俳優たちがVTRで見せる意地と本気さは見応え十分。あまりの感動でみんなが無言になってしまう一幕も。そして後半には、ある女優が新年会に訪問して華を添える。

 寺脇は「それぞれの持ち味が出ているVTRだったのでとても面白かったです。番組とはいえ全員本気でしたし、そこをいい加減にやってはいけないというのは共通していました。そこがやっぱりおじさんの強みといいますか、一人1時間でもよかったぐらい見ごたえはありましたね」と満足げにコメントを寄せている。