声優とアイドルのハイブリットユニット「i☆Ris」のメンバー・芹澤優(26)が26日、バースデーオンラインライブ『Yu Serizawa 26th Birthday Live ~BLUE BLUE PARTY~』を開催した。

【写真】バースデーオンラインライブの模様

 ソロ活動がスタートして以来、毎年恒例となっているバースデーソロライブだが、今年は新型コロナウイルスの影響により無観客生配信で実施された。一曲目は、ソロナンバーにして作詞を担当した「キミノカノウセイ」。実に数年ぶりとなる披露にファンも大きく沸き、華々しく開幕した。

 芹澤は、上品なレースがあしらわれた白のトップスに、水色のフリルがたくさんついたかわいらしいロングスカートを着た、まるでお姫様のような美しい姿でファンを魅了。本ライブのために制作し、作詞を手掛けた新曲「カラクリズム」なども披露し、ファンに向けて「カメラの向こう側に皆さんがいると思って届けます。惜しむことなく楽しん下さい」と笑顔で呼びかけた。

 本編ラストは芹澤が「自分の今の想いを詰め込んだ楽曲」と語り、作詞した「Revelation」を涙をこらえながら強く歌いきる。アンコールでは、2021年春に3rdシングルをリリースすることが発表され、芹澤は「セリコソロやる気まんまんです!」と気合十分にコメントした。

 「2020年はみんなの存在の大切さに気づけた年」と何度も語った芹澤。「パラレルスターズ」をパワフルに披露した際には「いつでもみんなをあいらぶゆーちゃん!」とおなじみのせりふを元気に叫び、約1時間半にわたるライブは明るく幕を閉じた。